2007年11月25日

落石の紅葉★

落石2
【落石の紅葉】 落石・境橋付近を望む、烏山駅下車・レンタサイクル15分

今、落石の紅葉が見頃を迎えている。
ちょうど日暮れまで後1時間、斜めからの陽射しが燃えるような那須烏山の秋を演出する。

「烏山の落石」は、よく「京都の嵐山」に例えられる。
この関連付けは、嵐山→烏山・落石、桂川→那珂川、渡月橋→境橋なのだろうと思う。

<境橋の下流>
落石1
山と川の織り成す風景....
落石4
そして蒼い空も....どれも雄大ですね。
落石5
那珂川の流れは、東の四万十川とも呼ばれ、サケの遡上や鮎の漁獲高日本一など自然の豊かさを感じます。
落石5
夕日に染まる様は、京都の嵐山にも劣らない紅葉の美しさを存分に見せてくれます。

嵐山
↑こちらは本家、嵐山のパノラマ '05/11/25
嵐山は、日中のほとんどが逆光なので撮影が難しい。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 境橋付近

posted by 旅からす at 00:00| Comment(2) | ■烏山駅の風景から | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

旅の終焉(サケ)★

サケ
【旅の終焉(サケ)】 境橋下流、烏山駅下車・レンタサイクル15分

この時季、故郷の川へ遡上するサケの群れ
最後の力を振り絞って産卵が終わると力尽き、やがて長い旅路の終焉(しゅうえん)を迎える。

サケの死骸は、お世辞にも美しいとは言えないが、
川岸では異臭を放ち、目を覆いたくなるような光景が、あちこちで見られる。

この死骸、やがては魚や鳥獣の餌となり、その糞が植物の養分へと変わる。
まさに海の恵みが陸地へ戻される地球規模のリサイクルである。

雪解けの頃になると、
いつの間にか跡形も無く消え去り、いつもの風景と清流に回帰するのだ。
海から川そして森へとつながる大自然の営みを実感した。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる

 落石付近

posted by 旅からす at 00:00| Comment(3) | ■烏山駅の風景から | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

滝駅・沿線に集う

飲み会
【沿線に集う】 滝駅にて 撮影:11月18日15:40ころ

この男たち、烏山線に乗って旅している....ちょっと珍しいので声をかけてみた。
すると、ほとんどが県内在住の人で郡山からの参加者もいるという。

今日は、烏山の銘酒「東力士」を見学し、次に「龍門の滝」を見ながら滝見酒を味わうというもの。
ようするに 『 地酒を愛でる酒呑みの会 』 なのだ。

これから列車の中で二次会を楽しむのだろうか。
東力士の酒瓶を抱えて「からせん」に乗り込んだ。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地

posted by 旅からす at 23:22| Comment(0) | ■滝駅の風景から | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

烏山駅・泉渓寺★

泉渓寺1
【泉渓寺】 烏山駅下車、徒歩約10分

燃えるような真っ赤な紅葉が....
烏山の「泉渓寺」では、参道のモミジが今、鮮やかな色付きを見せています。

昨日まで、仕事で徳島行き、帰りは京都〜北陸経由で金沢へ。
いくつかの紅葉の名所を見てきましたが、ここ「泉渓寺」のモミジはどこよりも美しい。

<山門>
泉渓寺・山門
山門の奥は、そこは燃えるようなモミジ

<参道>
泉渓寺・参道
メラメラと燃え盛る火炎のように見えませんか。

<古木>
泉渓寺2
山門入口方向
泉渓寺4
モミジの大木
泉渓寺3
参道奥を望む、どれも真っ赤に染まっている。

<モミジの天蓋>
泉渓寺・階段奥1
泉渓寺・階段
泉渓寺・階段奥2
奥の階段付近、見上げるとモミジの天蓋のようだ。

泉渓寺・地蔵 合掌


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 泉渓寺

posted by 旅からす at 23:48| Comment(1) | ■烏山駅の風景から | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

宝積寺駅・烏山線

宝積寺駅
【宝積寺駅】

からせん(烏山線)の始発駅、宝積寺駅です。
先月末、新駅舎が仮オープン。早速、橋上駅の様子を近くの踏切から撮影してみました。

左3本の直線レールは宇都宮線(東北本線)、右手方向へ曲がるレールが烏山線です。
本線・宇都宮駅方面からは、朝夕5本の列車が乗り入れます。

<橋上駅>
烏山線専用
橋上の駅舎から覗き見すると....始発駅の風景が見える。

<始発駅の風景>
留置2
留置
留置された車両は、ローカル線の始発駅らしいですね。

<入線>
入線
宇都宮線
東北本線から烏山線方向へ入線するキハ40


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地

posted by 旅からす at 14:32| Comment(0) | ■宝積寺駅の風景から | 更新情報をチェックする