2008年07月25日

山あげ祭 2008★

滝夜叉姫
【2008年山あげ祭】 熱演の滝夜叉姫  撮影:'08/07/25 9:00〜

山あげ祭の起源は、約450年前。
烏山に疫病が流行し、時の烏山城主がその災厄を避けるため祭礼を行ったことが始まりである。

山あげ祭は、日本一の野外歌舞伎とされ、国の重要無形民族文化財にも指定されている。
祭りの見どころは野外劇、常磐津の独特なリズムと若衆らによる一糸乱れぬ見事な山の組み上げである。

毎年、那須烏山市中心部の6町内が年番制で連日連夜の山あげ公演が執り行われる。
今年は「日野町」が、その当番に当たっている。
●日程:平成20年7月25日・26日・27日

稚児 案内役は、金棒を持った娘子。「金棒引き」という。

山車
日野町の山車、彫り物の部分は御拝(ごはい)と呼ぶ。

やま裏面
祭りの見どころ、「山あげ」のシーン。竹ざおを使って一気に山を押し上げる
山は、烏山特産の和紙で作られている。

山あげ
先頭にいる木頭(きがしら)の合図で山を動かす。木頭は、若衆の士気を高める参謀役である。

大山・表
山の仕掛けも見どころのひとつ。景色は秋・紅葉だが、一瞬で春・桜色に変化する。

子供たち
上演を待つ子供たち。近い将来は、山あげ祭の主役を担うことだろう。
“さすが烏山っ子、我慢強いね!”

ガマに乗って表れる
いよいよ開演、ガマの上に乗って滝夜叉姫が登場。ガマの妖術を使う怪奇ストーリー「将門」の始まり。
“後方の山を見よ、この遠近感がすばらしい!”

将門1
演じるのは「山あげ保存会・踊り部会」の地元女子小中・高校生たち、一年間の練習成果を披露する。
“本来の歌舞伎は、男が演じるもの。烏山では女が演じる”

滝夜叉姫
平将門の娘、滝夜叉(たきやしゃ)姫。悲劇のヒロインというより、むしろ悪者。

光圀
平将門の残党討伐に出征した源頼信の家臣・大宅太郎光圀。こちらは正義の見方、ヒーロー役。
“キリッとした横顔、なかなかの男前です”


色仕掛けで光圀を誘惑しようとする滝夜叉だが....
“その顔立ちは、まるで人形のよう!” ↑マウスオーバーするともう一枚


しかし、光圀がわざと話した壮絶な将門最期の話に滝夜叉が悔しがったため正体がバレてしまう。
“姫の着物が変わり、髪も下ろす” ↑マウスオーバーするともう一枚

立ちあい
光圀は、ついに刀を抜いて立ち会いとなり....

征伐シーン
最後は、妖術を使い雲に乗って逃げる滝夜叉姫....やがて追い詰められて無念の最後。

公演者
歌舞伎が終わって記念撮影....ホッとした笑顔の中にも誇らしげです。

殿 最高にカッコ良かったよ!
滝夜叉姫・終わって 姫も熱演でしたよ!


さぁ、急いで撤収! これは、山をおろすシーン。
“約1時間後には別の場所で山をあげ歌舞伎が始まる” ↑マウスオーバーするともう一枚


炎天下、場所を移しながら延べ16回も山あげを繰り返すのです。
“祭りは、始まったばかり” ↑マウスオーバーするともう一枚


【過去の山あげ祭の様子】
山あげ祭は那須烏山市の中心地6町の輪番制となっています。
当番町の山あげ祭の様子を6年間記録し続けましたので合わせてご覧ください。
山あげ祭 2007 鍛冶町 目
山あげ祭 2008 日野町 目
山あげ祭 2009 元田町 目
山あげ祭 2010 金井町 目
山あげ祭 2011 仲町 目
山あげ祭 2012 泉町 目


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 山あげ祭

posted by 旅からす at 10:24| Comment(8) | 山あげ祭 2008 | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

向日葵

ひまわり
【向日葵】 宝積寺→下野花岡駅

長〜い梅雨が明け、いよいよ本格的な夏がやって来た。
夏休みとなれば、「どこへ行こう、なにをしよう。」 とあれこれ考えてしまうのだが
幾つになっても、とても心が躍ってしまう。

Nikon D300 Tokina AT-X 116 PRO DX F2.8
向日葵

この夏の旅行計画は、
「何も無いけど大自然がある」....そんな自然を満喫できるところへ行ってみたいと思っている。

まぁ近場なら北海道、九州や沖縄もいい。
でもね....いつもながら家族の多数決でランドやシーになっちゃうんだよね。

那須烏山市では、今週末に伝統の 山あげ祭り が行われる。
今年は、イベント列車「烏山・山あげ祭り号」の運行がないのでチョッピリ残念である。

祭りが近づくと沿線に暑い夏が始まる。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地

posted by 旅からす at 22:09| Comment(0) | ■下野花岡駅の風景から | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

ヤブカンゾウ

やぶかんぞう
【ヤブカンゾウ】 宝積寺→下野花岡駅 '08/07/06

梅雨が明ける頃、夏の始まりを告げる色鮮やかな花が咲いています。
これは、「ヤブカンゾウ」といってユリ科・ニッコウキスゲの仲間です。

この時季、田んぼの畦道や野山、沿線のそこらじゅうに群生していますが、
意外や意外、見てよし・食べてよし・薬効もあるというパーフェクトな野草なのです。

アウトドアの雑誌には、春先の山菜として紹介されていますし、
うちのバアチャンによると、花は茹でて酢の物に、蕾は天ぷら、若芽は味噌汁や和え物などがいい....
味に癖がなく食感も上品で確かに美味しいです。

花株は、タネが無いため人が移植するか根っこが川流れして増えます。
だから人里近くにしか生えません。よって山奥には絶対に生えません。

朝開いて夕方には閉じる一日花です。
別名「忘れ草」といいますが、どこにでも咲いているので私は、すぐ「忘れそう」です。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地

posted by 旅からす at 00:07| Comment(5) | ■下野花岡駅の風景から | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

旅カメラ ニコンD300(紫陽花)★

D300
Nikon D300

旅カメラ
ニコンD300を持って 紫陽花 を撮影してきました。

梅雨の季節に似合う
落ち着いた雰囲気のガクアジサイ、色あざやかな西洋アジサイ、可憐な山アジサイなど、
好みもいろいろ。

<紫陽花>
あじさい林
白から青、薄紫から濃いピンク、紅色まで色々な品種がある。

紅ガク
くれない
紅紫陽花
【鎌倉・御霊神社】 可憐な「紅ガク」、赤色は珍しい。山アジサイの仲間です。

ハイドランジア
むらさき
ピンク
色あざやかな「ハイドランジア」、濃い色が印象的、西洋アジサイの仲間です。

ピンク
夏祭り

渦アジサイ
渦アジサイ
【鎌倉・明月院】 かわいい「渦アジサイ」、おたふくアジサイともいう。

のこぎり
白・寺
【鎌倉・極楽寺】 日本古来のガクアジサイ、原種は、三浦半島近くに自生するという。

ムラサキ
ガク・ムラサキ

柏葉
八重柏葉
【鎌倉・東慶寺】 北米産の柏葉アジサイ、八重咲きのものを「スノーフレーク」と呼ぶ。

調査中・墨田の花火?
墨田の花火
【鎌倉・明月院】 墨田の花火

和服
花観賞

カメラは、ニコン D300 と 60mmマクロ 1本を持って出かけました。
梅雨の時季に色々な場所へ行って撮影した寄せ集めです。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる

posted by 旅からす at 23:15| Comment(0) | 番外編・旅カメラ | 更新情報をチェックする