2008年09月28日

彼岸花

彼岸花
【彼岸花】  下野花岡→宝積寺駅 ゴマ粒のようなからせんが見えますか! 

木漏れ日の中、
真っ赤な「彼岸花」が咲き出しました。
田んぼの小径や線路の盛土など、ひときわ目立ちながら沿線の至る所で見かけます。

ヒガンバナは、
まさにお彼岸近くになるとニョキニョキと生え出すから不思議です。
そして、この時季のほんの数日間だけ咲き乱れます。

アゲハ

もしかしたら、「パッと咲いてパッと散る、散り際が大事」の代表的な花かも知れない。
今年も又、沿線の彼方此方に群生し咲いています。

ヒガンバナ3

どこにでも咲くのだろうと思っていたら
どうやら青森あたりが北限で北海道には自生できないそうです。
もともと南国の花なので九州や四国の群生は、それはそれは壮観だといいます。

ヒガンバナ1

別名、曼珠沙華。
サンスクリット語では「天上に咲く赤い花」の意。
赤い花が天から降るがごとく吉事がやって来るといわれています。
しかし、その花言葉は「悲しき思い出」。どちらかといえば悪いイメージの花ですね。

ヒガンバナ2

彼岸花といえば、
・童話「ごんぎつね」....狐と人間が通じ合う切ないストーリー。彼岸花の情景が、もの悲しさを感じる。
・「花さき山」の切り絵....斉藤隆介・作、滝平二郎
・ヒット曲♪「曼珠沙華」恋する女は罪つくり、白い花を赤く染める....山口百恵
を想い出します。

ヒガンバナが終わると沿線は、本格的な秋へと季節が移ろいます。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地 詳しい地図で見る


posted by 旅からす at 12:49| Comment(0) | ■宝積寺駅の風景から | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

うろこ雲

コスモス
【うろこ雲】  宝積寺→下野花岡駅

「暑さ・寒さも彼岸まで」といいますが、その通りです。
お彼岸の今日は、朝から綺麗に晴れ渡って心地よい朝を向かえました。
天空のうろこ雲、涼しい風....もう秋の気配ですね。

うろこ雲

暮れそうで暮れないたそがれ時、
虫の音がいっせいに聞こえ出す秋の夕暮れは、ちょっと寂しくなります。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地 詳しい地図で見る


posted by 旅からす at 12:03| Comment(0) | ■宝積寺駅の風景から | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

すすき

すすき2
【薄(すすき)】 大金→鴻野山駅 撮影:'08/09/13

今日は、十五夜お月様です。
お月見は、旧暦の8月15日(仏滅)に月を鑑賞する行事で、
この日は「中秋の名月」、「十五夜」、「芋名月」とも呼ばれます。

年に一度の我が家の月見は、
秋刀魚とけんちん汁の献立、お餅や季節の果物などをお供えして月を眺めます。
そして....

  「月月に月見る月は多けれど
      月見る月はこの月の月」・・・・詠み人知らず

の句を思い出しては、
どれが "month" と "moon" か、なぜこの月が "best" なのかを
娘たちと談笑するのも十五夜ならではの団らんなのである。

すすき お供えを飾る

早速、写真の薄(すすき)を採ってきて十五夜の準備をしました。
今夜は満月が見れるといいなぁ。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地 詳しい地図で見る


posted by 旅からす at 05:00| Comment(0) | ■鴻野山駅の風景から | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

稲穂・垂れる

みのり2
みのり1
みのり3
【みのり】 滝→小塙駅

地表は、まだまだ夏の陽射しだが、
高層には、もう秋を思わせるようなスジ雲が見え隠れしている。

里山の静かな田んぼを見ていると、
ゆったりとした時間が流れ、稲の懐かしい匂いがしてくる。

稲穂・垂れる

今夏は、梅雨明けが早かった。
そのかわりゲリラ豪雨をともなう大きい雷様が毎日のように襲ってきた。
ギラギラとした夏の陽射しは、雷雲がじゃまして雨ばかり降らせていた。
宇都宮気象台によると今年8月の降水量は、昨年の2倍、日照時間は半分、平均気温は2℃程低かった。
どおりで青空が少ないと思った。

大穀倉地帯
【仁井田あさひ高架橋】 高根沢町の大穀倉地帯

そんな夏模様でも稲穂は、ちゃんと黄金色に輝いている。
沿線の米どころ高根沢では、来週から一斉に刈り入れが始まる。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる



烏山線撮影地、大きい地図で見る


posted by 旅からす at 11:22| Comment(2) | ■小塙駅の風景から | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

小塙駅・とっちゃん家

小塙駅前
【無人駅】 小塙駅 '08/08/29 14:50

小塙駅は、沿線の中で田舎度ナンバーワン!だと思う。
ところが、駅前の土地が分譲地化し、田畑が区画整理され、踏み切りや駅舎のリニューアルが進み
たった数年あまりで駅周辺の様子が大きく変わってしまった。
秘境の駅にも都会の波が、じわりじわりと押し寄せてきている。

濁流の荒川
赤い屋根の「とっちゃん家」  ↑マウスオーバーすると取材日の荒れた荒川

そんな小塙駅ですが、今回は駅周辺の気になるスポットを紹介します。
こんな里山に隠れ家的存在のレストランが、2年程前からオープンしている。
お店の名前は「とっちゃん家」、駅から徒歩で10分ほどの秘境の食堂です。
ちまたのブログでは、一流シェフの店として有名になっています。

とっちゃん家・入口 手作りの看板・入口

場所は、アユ釣りで賑わう荒川の左岸、旧森田発電所・跡地にあり赤い屋根が目印です。
50年以上も経過したという発電管理事務所の建物をそのまま利用した“あばら家”である。

とっちゃん家・入口

勇気を出して恐る・恐る入ってみると....美人姉さんが笑顔のお出迎え!
椅子に座るや主の爺ちゃまからヤーコン・パンのおすそ分け、「これ食べてみなぁ」と差し出され
早速、口にすると....うっ、にっガァー!

ヤーコンパン ヤーコン・パン(葉っぱが苦い)

もう最初からカウンターパンチを食らいました。
冷静さを取り戻しメニューの中から妖しい名前の“M嬢プレート”を注文することにしました。

スープ 新鮮野菜と冷製スープ
メイン・M嬢 とろとろのオムライスとハンバーグ
デザート こだわりの濃厚プリン

爺ちゃまは高級フレンチ、息子さんは和食が得意とか。
料理は、繊細というよりも自然味豊かなマニアックな方ですね。
ボリュームは満点、女性は食べきれないかも。

店内

室内は、今どき珍しいオープン・ウィンドウです。
扇風機をフル回転して川辺の涼を取り込み自然空冷します。
夏の夜はホタルが飛び交い、窓からは「からせん」も見える。
冬は、写真手前のエントツ暖炉があったかいそうですよ。

店内 次は、「ちたけうどん」を食べたいな

店内の様子は、ちょっと狭いです。う〜ん少し汚いです。やっぱり古いです。
お皿やスプーンは、あまり気にしてはなりません。
ちょうど昔の駅前食堂みたいな感じがします。
超一流シェフの爺ちゃま・姉弟で経営しアットホームな雰囲気に包まれています。

とっちゃん家・全景

食事中は、朝丘雪路・真由子親子が来店した時の番組録画を見ながら
開店に至るまでのエピソードなど、はじめての客なのに、それはもう楽しく話をかけてくれました。
接客上手です。

場所は、小塙駅を降り立ったら駅直近の踏み切りを渡ります。そして、すぐに左折。
道なりに約1km直進すれば、入口看板のところへ到着します。
あの雪路さん親子は、ピンヒールを履き烏山線に乗って来たそうです。

土日の昼時は、遠方からの予約客でいっぱいだそうです。
田舎レストランの「とっちゃん家」....また、行ってみようかな。

ご馳走様。

<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる



地図中央が「とっちゃん家」、大きな地図で見る

【とっちゃん家】
住所:栃木県那須烏山市森田1049
電話:0287-88-1161
営業:11:00〜09:00
休日:月曜日
北緯:36"63'7522
東経:140"12'7024




追加 08/09/11


コメントにも書いたとおり「ちたけうどん」を食べに行ってきました。
椅子に座るや爺ちゃまから「ちたけ」についての講釈です。
収穫は波があり、6月下旬に第一波、約10日前にも大波が来たと。
そして種類や保存の方法とか採り方など....etc....もう話が止まらない。

きのこいろいろ ちぎると白いお乳が出るので「ちちたけ」ともいう。

今回のパンは、ダッチ・オープンで焼いたケーキのようなパン。
爺ちゃまが、自ら切ってくれました。
早速食べてみると芯まで柔らかい。前回のような苦みもありません。かなり進化しました。
次は、芭蕉の葉?を包んだバナナ・パンを企画中だそうです。

パン バナナ・パン....これはサービスです
前菜 前菜....これもサービスです

昨日は、みちのく・秋田に行ってきました。
昼ごはんは、秋田駅前にある伝統の“稲庭うどん”を食し
本場老舗ならではの絶妙な食感・のどごし・つけだれの旨みを堪能してきた。
お値段も別格の1650円也、一切の妥協なし。

うどん
ちたけうどん・大盛り

まだ、舌の余韻が残っている今のうちに食べ比べである。
とっちゃん家は、細い手打ち麺、つるつるの食感で温汁はあっさり系。
芳醇な“ちたけ”の香りがナスに染みこみ、ちたけと茄子のコラボが堪らないほど凝縮している。
熱々の大盛り「ちたけうどん」は、味わう暇なしの3分間で完食。

ご馳走様。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる



地図中央が「とっちゃん家」、大きな地図で見る

【とっちゃん家】
住所:栃木県那須烏山市森田1049
電話:0287-88-1161
営業:11:00〜09:00
休日:月曜日
北緯:36"63'7522
東経:140"12'7024

posted by 旅からす at 21:59| Comment(4) | 地酒・グルメ | 更新情報をチェックする