2009年05月25日

夕景の時

夕やけの踏切り
【踏み切り】 下野花岡→宝積寺駅 撮影'09/05/25

今回のテーマは、水辺の夕陽。
夕景の頃、水面はオレンジ色に輝きます。

ついさっきまで、平凡だった風景が、
見たこともないような美しい風景に変わってしまうから不思議です。

【荒川の流れ】
夕やけの踏切り

チャンスは、ほんの数分間だけです。
この風景に出会うために何回も通いました。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地

posted by 旅からす at 22:18| Comment(0) | ■下野花岡駅の風景から | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

ひなげし

ひなげし
【ひなげし】  下野花岡駅構内 撮影'09/05/19

和名のひなげし、英名のポピー。
私の年代は、どちらかといえば「ひなげしの花」でしょう。

何しろ、ひなげしは、
駅前じゃなくて丘の上に咲くものと思っていますから。ハィ

ひなげし

話題は、新型インフルエンザのこと。
明日から関西方面へ「旅カメラ」に行く予定でした。

新型インフルエンザが蔓延する中
軽薄な行動で、家族や職場に迷惑をかけられないと思い、
遠出の外出を取り止めることにしたのです。

撮影'09/05/20 18:25頃
ひなげし

大切な家族を守るため当分の間は、
雑踏の中や飛行機、列車などの濃厚接触となるようなリスクを避けるべきでしょう。

これから秋冬に向け大流行にならないよう
一人一人が徹底的に予防し、危機意識をもって対処すべきと考えます。

夕日とポピー
ひなげし
↑マウスオーバーするともう一枚

今できることといえば、
もし感染が広がり、イザという時のためにマスクを備蓄することぐらいです。

すでに大阪や東京では、品切れ・品薄気味だそうです。
今のうちに近所のキヨシへ買いに行こう!

下野花岡駅前に広がる満開のポピー畑
ひなげし
↑マウスオーバーするともう一枚

えェ〜、ベイシアにもウェルシアにも....もう無い。
どうしよう。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地

posted by 旅からす at 00:42| ■下野花岡駅の風景から | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

らぁ麺屋の窓風景

若葉のころ
【窓風景・「らぁめん花」にて】  烏山→滝駅、滝駅から徒歩5分

今回の話題は、「らぁ麺屋の窓風景」のこと

1年以上も前から、ラーメン屋さんの 窓から見える風景 が気になり、
ここから撮影してみたいと思って何度も食べに通いました。

ところが、あまりにも殺風景なのでボツ、
そこで、アクセントになるようなものを探したら....ありました。
ここには、真っ赤な “つつじ” が咲くのです。

いよいよ決行の日、天候もよし、つつじも満開。
列車の通過時間を先読みし
ラーメンをじっくり味わってから余裕をもって撮影に望むことにしました。

食堂の奥座敷は、幸いにも貸切状態で誰もいません。
上の写真は、窓から盗撮気分で撮影した 会心 の一枚なのです。

しょうゆラーメン
らぁめん花
nokia 705NK Carl Zeiss Tessar 2.8/5.6

そしてアシスタント役の娘は、ラーメンの撮影係です。
ちょっとだけコツを伝授したら、ご覧のとおり....旨そうに撮れたでしょう。

しょうゆラーメンは、さっぱり系の魚介出汁が絶品。
これは美味しいです。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地

posted by 旅からす at 11:09| Comment(0) | 地酒・グルメ | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

さつき

さつき
NIKON D200 Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D
【さつき】  下野花岡駅構内 

今日は、
Happy Mother's Day!
日頃、苦労をかけている母親(妻)を敬い何かしてあげる日です。

娘たちから「寄せ植えの花」と「ハーブティー」をもらったようです。
私からは、定額給付金ですね。

五月といえば、爽やかな季節。
すごしやすいはずなのに、もう夏のような陽射しです。
各地では、真夏日となり5月の観測史上最高気温を記録したそうです。
宇都宮では30.1℃、暑いです。

撮影'09/05/10 11:42〜
さつき

話題は、サツキとツツジの違いです。
いったいどちらなのか気になりネットで調べたら、

ツツジは、概ね4月咲き・単色原色・大花・花先→葉後・落葉
サツキは、概ね5月咲き・混色淡色・小花・葉先→花後・常緑

う〜ん
写真の花は、ツツジのようなサツキのような....ますます区別がつかない。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地

posted by 旅からす at 13:06| Comment(2) | ■下野花岡駅の風景から | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

藤の花・ふみきりそば

シロフジ
【シロフジ】  下野花岡→宝積寺駅  ↑マウスオーバーするともう一枚

今、沿線では「藤の花」が満開です。
線路脇に咲くシロフジを主役に撮影しようと思ったけれど、
高いところに咲いているため構図的に無理。

そこで、作戦を変更し
藤花の前を通過するスピード感に満ちた「からせん」を狙おうとしたのですが....おそっ!

【白藤の花】 撮影'09/05/02
シロフジ

今回の話題は、グルメ。
この白藤の花のすぐ目の前、石末第一踏み切りの傍にある蕎麦屋さんのことです。

ご主人の退職を期に農家屋敷を生かした踏切蕎麦・「ふみきりそば」を開店しました。
店名の由来が、単純明快でわかりやすいですね。

踏み切りとソバ屋の位置関係
ふみきりそば 

※突撃前レポート
・お店の場所は、人が集まらない意外なところです。モータ・リゼーションの発達により、人の集まらない山間奥地
でも“旨い”の口コミさえあれば、今の時代どこに開店しようが関係ありません。
・外見の店構えは、どうみても普通の農家です。旗印が無いとソバ屋の存在すら気が付かないでしょう。
・大谷石の蔵は、宝積寺駅の“ちょっ蔵”と同じイメージなので経営戦略も上手く考えています。
・待合室の小屋は、行列のできる旨い店に見えて期待度がアップします。
・石塀の電光掲示板は、どうみても田舎の風景にマッチしません。この電光板を見ていると「ご主人はハイテク好き→研究熱心→すごくソバが旨い!」と勝手に妄想が膨らんでしまいます。

ふみきりそば お店の全景
ふみきりそば 入口

ソバ屋さんのご近所には、同級生がいっぱいいるので、この辺りの人・物・事は昔から知っています。
近所の家へごちそうを食べに行くようで、どうしても抵抗があり、やっと勇気を出して行くことができました。

最初は、縁側で食べるのかな?などと想像していましたが、
まさか石蔵の中が店内になっているとは....中に入ると木のぬくもりに包まれ温かいです。

1回目 撮影'08/11/08
ふみきりそば 店内の様子
ふみきりそば けんちんうどん
ふみきりそば きのこそば
ふみきりそば おしながき

ご主人が丹精込めて手打ちした自慢のソバは旨いですよ。
今回は2回目、食べるのに夢中で写真を撮るのを忘れました。
食べたものは、盛りソバ、おろし蕎麦、天ぷら1皿を追加しました。
昼時になると駐車できないぐらい混み合っています。
もともと蕎麦激戦区の北関東ですから、まずい訳がない。
ソバ通の方に味わって欲しいものです。

ご馳走様。

  大きな地図で見る

【ふみきりそば】
住所:栃木県高根沢町石末
電話:
営業:毎月1日〜25日、11:30〜13:30
休日:毎月26日〜末日、日曜・月曜・祝日は休み
北緯:36"64'1324
東経:139"98'5905

場所は、下野花岡駅から宝積寺方向へ徒歩約2.5km、線路沿いの道を歩きます。
石末第一踏み切りは下野花岡駅から4つほど手前ののところにあります。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地

posted by 旅からす at 14:19| Comment(2) | 地酒・グルメ | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

もえぎ色

宝積寺段丘
【宝積寺段丘】  下野花岡→宝積寺駅

沿線の緑は、ほら “萌黄色” です。
連休がはじまり、なんだかウキウキしています。

新型インフルエンザの不安もありますが、
那須烏山沿線あたりなら、まずは心配ないでしょう。

撮影'09/05/02
宝積寺段丘

話題は、宝積寺段丘のこと。
昨年末から4月上旬にかけ
段丘北側の法面(斜面のこと)にコンクリート製の格子枠が施工されました。

宝積寺段丘

その目的は、大雨の影響による斜面の崩壊を防止するためです。
烏山線の安全運行のため必要な工事なのだと思います。

工事 整地
工事 排水口設置
工事 鉄筋工
工事 コンクリート圧送・吹き付け
工事 格子枠
工事 土入れ
工事 施工完了

段丘の斜面では、季節の植物が生い茂り
四季折々の沿線風景を楽しませてくれました。

例えば、
春は菜の花、夏は向日葵、秋はコスモス、冬は雪景色....夕景など

この段丘から撮影した
工事前のベストショットをいくつか紹介しましょう。

なのはな満開 工事前 2006年春
050800 工事前 2005年夏
コスモス 工事前 2007年秋
雪の朝1 工事前 2008年冬

このように宝積寺段丘の切り通しの景観は、
自然と調和して鉄道風景を生み出していました。

しかし、巨大な人工構造物へと変わった今、
このブログを続ける上では、とても残念でなりません。

DD51復路 工事前 烏山山あげ祭り号

この場所は、
中学生の頃、朝夕の通学時に見慣れた鉄道の原風景であり、
いつまでも私の心のアルバムに残り続けることでしょう。

うろこ雲 工事前 夕景 


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地

posted by 旅からす at 11:26| Comment(0) | ■宝積寺駅の風景から | 更新情報をチェックする
EV-E301EV-E301

▲TopPage
EV-E301