2009年10月17日

段丘の秋・柿

柿
【段丘の秋・柿】  下野花岡→宝積寺駅 撮影'09/10/17

写真は、つい先ほど撮影してきたもの....
カメラのタイムスタンプから上は16時17分ごろ、下は16時40分ごろに撮影しました。

早速、このブログとHPに写真をアップしたのが17時すぎ、
窓の外は、もうすっかりと陽が落ち暗闇の世界になっていました。

最近の日暮れは早いので16時台の列車撮影は、もう無理かな....とか、
紅葉している場所はどこかな、夕日と列車のコラボもいいな....とか、

次の写真の構想を練りながら、季節の移ろいを感じる、
これもまた楽しい。

柿

沿線の秋が少しずつ深まる....この頃です。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地(1枚目)

posted by 旅からす at 16:57| Comment(2) | ■宝積寺駅の風景から | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

セイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウ
【背高泡立草】  大金→鴻野山駅  撮影'09/10/12

沿線に咲くセイタカアワダチソウ、
相変わらず休耕地や空き地では、爆発的な増殖を見かけます。

剣先のような黄色い花の群生は圧巻もの、
やがて花が終わると枯れ場と化し見るも無残な姿となります。

この写真は、その群生のひとつ、
他の雑草を完全に駆逐している様子です。(アレロパシーという)

不思議なことに数年もたつと増殖力は衰退して、
元のススキや雑草が生い茂る野原に復活するそうです。

セイタカアワダチソウ

アレロパシー、帰化植物、花粉症の濡れ衣、見栄えなど
秋の深まりとともに咲き出すセイタカアワダチソウは、何かと嫌われ者です。

しかし、ネットで調べてみると
煎じて飲んだり、アトピーの皮膚治療としても薬効があったり有益なこともあるそうです。
また、若葉は天ぷらにして食べれるとか....ちょっと驚きです。

セイタカアワダチソウ 【マクロ】
セイタカアワダチソウ

最近では、昔のような寡占状態でもないことから、
悪いイメージから少し見直してあげてもいいかなと思っている。
ちゃんと写真(絵)にもなってるしね。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地

posted by 旅からす at 23:53| Comment(0) | ■鴻野山駅の風景から | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

秋の景色・コスモス

コスモス
【段丘の秋桜】  下野花岡→宝積寺駅 撮影'09/10/04

別名「秋桜」といわれるコスモス、
秋を彩る日本の原風景に欠かせない花の一つですね。

線路脇を散策してみたら、早いものでは、
だいたい7月頃から咲きはじめ、8月下旬から9月頃にかけて満開を向かえています。

それにしても近頃のコスモス、
昔とくらべると@開花が早い、A背もデカイ、B花も大きい
きっと私の気のせいかも知れないが....

コスモスコスモス
コスモス

幼い頃のコスモスの記憶は、
花期は10月の運動会シーズンの頃、だいたい背丈は腰ぐらいの高さ、
小学校の花壇には可憐な花を3〜4個くらいつけている。

コスモス

ちなみに花言葉は乙女の純潔”です。
こちらも少し時代にあわないような気がする。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地

posted by 旅からす at 00:24| Comment(0) | ■宝積寺駅の風景から | 更新情報をチェックする