2010年11月30日

太平寺の紅葉★

太平寺
【太平寺の紅葉】  滝駅下車5分

早いもので明日から師走の入りです。
その前にどうしてもアップしておきたいのが太平寺のモミジ、

こちらは、ため息が出るほど晩秋の風情がたっぷり、
天の紅葉と地の落葉、どちらも綺麗で甲乙つけがたいほど。

撮影'10/11/21
太平寺

この “散りモミジ” に出会うには、
紅葉のピークが過ぎて落葉の始まる頃がチャンス、

しかも、ご近所のボランティアの方が
落ち葉を掃き掃除する前に出かけて取材せねばなりません。

【手水舎のモミジ】
太平寺

そして取材中に気になったのが階段のところにある二本の金属製ポール、
銀色のポールは、どうしても違和感がありお寺らしい古風な景観が台無しで残念だと思います。

太平寺の “散りモミジ” を撮影し
ひとまず沿線の紅葉めぐりも締めくくりです。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 太平寺

posted by 旅からす at 23:24| Comment(2) | ■滝駅の風景から | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

錦秋・落石の紅葉★

境橋
【那珂川・落石の紅葉】  烏山駅下車・レンタサイクル15分 

栃木〜茨城を流れる全長150kmの那珂川は、
関東の四万十川とも呼ばれるほどの豊かな清流です。

毎年、この時季になると多くのサケが遡上し、
かつてはアユの漁獲高日本一(現在・第二位)を誇る水産資源の川なのです。

【下流がら境橋を望む】  撮影'10/11/21
境橋

さらに、ここ烏山の落石(おちいし)付近は、
京都の嵐山に例えられる程の美しい紅葉の名所でもあります。

那珂川の水は清らか、自然もたっぷり、
燃えるような紅葉は決して嵐山にも負けないくらいです

【上流から境橋を望む】
境橋

もう紅葉は、とうに終盤ですが、
何かと忙しくてブログのアップが間に合いません。

約一週間ほど前の写真ですが、どうかお許しあれ。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 落石の紅葉

posted by 旅からす at 20:08| Comment(2) | ■烏山駅の風景から | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

へびひめばし

へびひめばし
【蛇姫橋の紅葉】  滝駅下車、徒歩5分 

こちらは江川に架かる「へびひめばし」の紅葉、
アーチ型をしたモダンな橋なのですが、ちょっと通るのが恐わい不気味な名前です。

近くにある「龍門の滝」や太平寺の「蛇姫様」の伝説にちなんで
名付けられた橋の名前であり、蛇(へび)とはいえ竜(りゅう)のことです。

撮影'10/11/21
へびひめばし

橋のたもとには、一本の大モミジがあり
この時季は、ため息が出るほど艶やかな紅葉を見せてくれます。

ここの撮影は、少しコツが必要で
光が斜めに射す早朝の頃にモミジが映えるんです。

へびひめばし
nikon D200 Tokina AT-X 116 PRO DX F2.8

そして下流側のみごとな黄葉も、
橋の上から からせん の通過時刻に合わせシャッターを切ると、
ほら、ご覧のとおりです。

こちらの撮影は、陽が翳る頃がベスト、
ちょうど黄葉が浮き出して魅力的に写るんです。

【蛇姫橋の風景】
へびひめばし

龍門の滝も、太平寺も、落石の紅葉も
沿線は、どこもかしこも艶やかな装いを見せてくれます。

どうぞお出かけあれ!


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地

posted by 旅からす at 01:37| Comment(4) | ■滝駅の風景から | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

那珂川・カヌー遊び★

カヌー
【那珂川・カヌー遊び】  境橋上流からスタート

こちらは取材中に出会った風景、
紅葉真っ只中でのパドリングは気持ちよさそうですね。

ひとり用、二人用、五人乗りなど様々、
合計10艇のパーティーを烏山大橋まで追っかけてみることに。

撮影'10/11/20

マウスイン↑で2枚目もあり

那珂川は上・中流部から大きな瀬がないため
初心者向けカヌーやカヤックのレッスンに格好の場所とか、

カナディアンの基本形を学ぶため
その手のアウトドア派にとって有名らしいのです。

【落石やな】  “ひのきや”さんの前にて

マウスイン↑で2枚目もあり

この季節は、見上げれば紅葉
水面下は透きとおった水、サーモンウォッチングにも出会える。

そして昼食はアユの塩焼き〜っ! 夕食は川辺でバーべQ〜ぅ!、
夜は満天の星空でキャンプ〜! どれも最高に贅沢じゃないですか。

【烏山大橋から】
カヌー

ゆっくりと流れる清流で
一日のんびりと静寂な時間を過ごす、

な〜んて楽しいでしょうね。
もしかしたら太平洋まで行けちゃうかも....

カヌー

一度でいいからやってみたいな。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山大橋

posted by 旅からす at 21:18| Comment(0) | ■烏山駅の風景から | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

サケの遡上・那珂川★

サケの遡上
【那珂川・サケの遡上】  落石付近

那須烏山市の落石付近を流れる那珂川、
流れの静かな川面を時折、大型のサケがジャンプします。

その豪快なジャンプの瞬間を撮影しようと
約4時間も望遠レンズを構えていましたが、腕が疲れ果てて根性なし、
やっぱり難しいですね〜。

撮影'10/11/13
サケの遡上
nikon D200 Tokina AT-X 116 PRO DX F2.8

あきらめて近くの境橋上空から
サケの遡上の様子を撮影してみることに。

サケの遡上

この時期にしては、やや魚影が少ないようで、
もしかしたら、これから遡上の最盛期を迎えるのかも知れません。

【落石やな“ひのきや”さんの前】
サケの遡上

いつもならウジャウジャ泳いでいるんですけどね。
醜いサケの死骸も数匹見える程度で、ほとんどありません。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 落石

posted by 旅からす at 00:46| Comment(2) | ■烏山駅の風景から | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

泉渓寺の紅葉★

泉渓寺
【泉渓寺の大イチョウ】  烏山駅下車10分

烏山駅近くの「泉渓寺」の紅葉、
ちょうど今、ため息が出るほど綺麗ですよ。

どうです?
門前のイチョウの黄葉が見事でしょう。
参道のモミジも真っ赤に色づいてきました。

撮影'10/11/10
泉渓寺

イチョウの大木は、町内のシンボル的存在で
道行く人からは「今年の葉っぱは小さいな....」とか「落葉が10日も遅れているよ....」など
撮影中に、いろいろな情報が聞こえてきます。

そして見応えたっぷりのモミジの大木、
これだけの大きさは、そう滅多に見られません。

泉渓寺

泉渓寺は、沿線で一番早く紅葉しますが、
奥の階段付近は、これから色づきはじめます。

泉渓寺

今回も、愛用の現像ソフトSILKYPIXを使用せずにリサイズのみとしました。
したがって色調やティスト変換など一切しておりません。

泉渓寺
nikon D200 Tokina AT-X 116 PRO DX F2.8


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 泉渓寺

只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 01:25| Comment(2) | ■烏山駅の風景から | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

色づく季節

色づく季節
【龍門の滝・上流】  滝駅徒歩5分  撮影'10/11/10

11月になって初めての更新です。
先月末から怒涛の忙しさで沿線取材もままならず、

いつの間にか季節は深まって、いよいよ紅葉前線は里へ
赤色の葉っぱは、龍門の滝のところに見えるハナミズキです。

上の写真には、葉っぱに隠れて
ちゃんと からせん の列車が走ってますよ。

【龍門の滝】  矢印のところから撮った写真です。
色づく季節

最近、一年の時が過ぎるのが早いと感じます。

竹内まりやの「♪人生の扉」という歌のフレーズに
色づく山の紅葉をいったいあと何回 見れるのだろうと....

この季節に、この歌詞を聴くと、ちょっぴりセンチメンタルになります。
きっと歳をとった証拠かな。

【龍門の滝・下流】
色づく季節

I say it's fun to be 20・・・二十歳は楽しい
You say it's great to be 30・・・三十歳はもっとだよ
And they say it's lovely to be 40・・・四十歳だって素敵だよ
But I feel it's nice to be 50 ・・・五十歳もいいなと思う
....

You Tubeより、竹内まりや「♪人生の扉」 


それぞれの年齢には、それぞれの良さがあり
つらいことがあっても人生を楽しもうよという意味なのかな。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。


posted by 旅からす at 21:55| Comment(0) | ■滝駅の風景から | 更新情報をチェックする
EV-E301EV-E301

▲TopPage
EV-E301