2011年01月24日

霜ばしら

凍える朝
【猿久保田んぼ公園】  小塙駅から徒歩10分  滝→小塙駅

大寒に入ってから連日のように
氷点下を超える寒い朝を迎えています。

こちらは、小塙駅近くの 猿久保田んぼ公園 の様相、
ハンノキ林の遊歩道から見える からせん の風景です。

この時季は、冬枯れた景色にアクセントを加えるため
寒さに凍えながら朱色艶やかなツートンカラーを待ことに。

撮影'11/01/23 
霜ばしら

ハンノキ林の湿地↑は、冬でもしっとり、
厳冬の朝は氷が張り出して冬の雰囲気を演出してくれます。

この場所一帯は、春になれば
可愛らしいミズバショウの花が咲くんですよ。

【霜ばしら】  マウスイン↓ ミズバショウ

nikon D200 Ai AF Micro-Nikkor 60mm F2.8D
 
厳しい冷え込みのため足元には高さ5センチほどの大霜柱が....
毛細管現象によって氷柱が成長する不思議な世界を、ご覧ください。

小学生の頃は、この霜柱をザックザックと踏みしめて
あの壊れるときの心地よい感触を味わったりしたものです。

【ハンノキ林】  撮影'11/01/16
霜ばしら
雪の朝を向かえて

最近、温暖化やヒートアイランド現象により
霜柱を見かけることのない地域が増えたそうです。

そういえば、昔ならどこにでもあった霜ばしら
気のせいかも知れませんが、あまり見かけないのは何故でしょう。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地

posted by 旅からす at 22:31| Comment(8) | ■小塙駅の風景から | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

雪景色の朝

雪景色の朝
【雪景色の朝】  下野花岡→宝積寺駅 

今朝は、この冬いちばんの積雪に見舞われ
沿線は、ご覧のとおり↑あたり一面の銀世界です。

今回の積雪は、冬型が強まって日本海側の雪雲が、
太平洋側へ流れ込み北関東の平野部にも降雪をもたらしたもの、

多分、日光や那須高原の山間部は大雪となり、
わずか一晩で50〜60センチもの積雪を記録しているはずです。

撮影'11/01/16  大金→鴻野山駅
雪景色の朝

さて今週20日は、暦の上で「大寒」です。
二十四節季のひとつで年間で最も寒い時季ということ、

ちなみに宇都宮気象台の観測データを調べたら、
昨年は1月14〜17日に寒波のピーク(−5.5℃)を観測しています。

この寒さは節分まで、あと半月ほど我慢すれば、
いよいよ春の気配がして春を感じられる季節となります。

撮影'11/01/16  宝積寺段丘にて
雪景色の朝

今朝の からせん は午前中にダイヤが乱れ、
定刻から20〜30分も遅れ気味でした。

真っ白な雪景色とブームの国鉄色車両を撮影するため
列車の通過を今か今かと待ちわびる鉄ファン↓がいましたよ。

【撮り鉄たち】
雪景色の朝
あっちもこっちも、向こうの車からも

そういう私も極寒の中、
パジャマ姿に長靴履きで粘りましたけど。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地

posted by 旅からす at 10:45| Comment(6) | ■宝積寺駅の風景から | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

蒼い空

木枯らし
【蒼い空】  下野花岡→宝積寺駅  撮影'11/01/08

北関東の冬の朝は、放射冷却現象の影響で厳しい寒さ
ご覧のよう↑な蒼く澄みわたる空が年末からずっと続いています。

年が明けて仕事始めをしたかと思ったら
また成人の日で三連休、食う寝る遊ぶでウェイトオ〜バ〜気味です。

そこで重い腰を上げ、今年最初の沿線取材を始めることに、
しかし、外は枯葉色ばかりで季節感に満ちた被写体は見あたりません。

【東北本線へ入線】  宝積寺→岡本駅(宝積寺駅構内にて)

マウスイン 東北本線と烏山線の分岐点

そんな時は、烏山線の始発駅へ
ちょうど↑宝積寺駅から東北本線へ入線中のキハ40をみつけ

すかさず駅の橋上から遮光ガラス越しに撮影したもの、
昨年末からブームとなっている国鉄色イメージの車両をバックから、

沿線の冬景色に一番映えるのは、
意外や意外、ツートンカラーのからせんかも知れません。

-----------

ここからは、
殺風景な景色に花柄の彩りを添えるプライベートな話題をひとつ。

成人式成人式 撮影日:'11/01/03

成人の門出を踏み出す二十歳のドラ娘、
これから親に頼らず、ひとりで頑張れよ....おめでとう!


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。


posted by 旅からす at 15:00| Comment(4) | ■下野花岡駅の風景から | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

国鉄色ツートンカラー

新年
【宝積寺段丘からの眺め】   宝積寺→下野花岡駅  撮影'10/12/27

ガタン・ゴトンと “からせん” が庭先を走ります。
大晦日の夜、回送列車の音で眠りにつき、元旦の朝、一番列車の音で目覚めました。
いつものように。

2011年おめでとうございます。
今年も烏山線沿線の祭りやイベント、四季の移ろいをブログで紹介します。

年のはじめを飾る写真↑は、私の最もお気に入りの場所から、
宝積寺段丘から見下ろす、この直線レールの眺めを、ご覧あれ!
朝日を浴びて綺麗な風景でしょう。

【烏山線へ入線】   撮影'10/12/30

マウスイン↑ 東北本線との分岐点、架線はここまで

こちらは、昨年のクリスマス・イブから運行を始めた
国鉄色イメージのキハ40車両、朱色とクリーム色のツートンカラーです。

この塗装色の列車は、私が小中学生の頃に走っていたもので、
淡い記憶の中に残っている“からせん”のイメージ・カラーなのです。

当時の面影を残す写真は、こちら のサイトから、
宝積寺段丘からの眺めを約37年前に収めた貴重な写真が公開されている。

【親子で鉄チャン】   撮影'10/12/30
新年
こうした風景も沿線ならでは

この国鉄色の “からせん” を撮影するため
全国の鉄道ファンが年末年始にかけて沿線へ訪れています。

それは大々歓迎なのですが、私的には目に馴染んでいる
白地にグリーン・ラインの方が烏山線らしくって好きなんだけどな〜。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地

posted by 旅からす at 12:14| Comment(4) | ■宝積寺駅の風景から | 更新情報をチェックする


▲ TopPage


Copyright (C) からせん縁起駅舎の旅/七福神めぐり 2004-2015 All Rights Reserved.