2011年12月14日

メタセコイア★

メタセコイヤ
【メタセコイアMetasequoia】  滝駅下車・徒歩10分

こちらは龍門の滝・滝水辺公園内のメタセコイアの木、
ちょうどレンガ色に紅葉し、あたりは晩秋の雰囲気に包まれています。

スギ科植物のほとんどは常緑樹ですが、
このメタセコイアだけは落葉する変わった植物です。

メタセコイヤ 韓国KBS放送から

メタセコイアの並木道は、あのヨン様の韓流ドラマ
ラブストーリー「冬のソナタ」のバックシーンとしても有名ですね。

撮影'11/12/04
メタセコイヤ
nikon D200 Tokina AT-X 116 PRO DX F2.8

メタセコイアの繁栄は白亜紀時代で恐竜全盛のころ、
約6500万年前の地層からは葉っぱの化石が見つかるという。

ところが1945年に中国・四川省の揚子江奥地で
絶滅したと思われていたメタセコイアが発見されたことから、
以来「生きた化石」の太古植物と呼ばれるようになったそうです。

メタセコイアの樹木は、すべて中国から分植されたもので
今でも恐竜時代のDNAが脈々と受け継がれてきたものらしいのです。

メタセコイヤ

公園のメタセコイアは晩秋になると
決まってドラマチックな落葉を見せてくれます。

早朝に落葉のスイッチが入ると
風も吹かないのに葉っぱが降り積もるのです。

メタセコイヤ

そして午後には、
すっかりと、まる裸に。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる

posted by 旅からす at 07:27| Comment(0) | ■滝駅の風景から | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

落石の紅葉★

落石
【清流・那珂川】  境橋下流から望む

こちらは那須烏山市の「落石」の紅葉、
落石は 関東の嵐山 とも呼ばれている紅葉の名所です。

この例え、先人の誰の言葉なのでしょう?
京都・嵐山の美しさには及ばずとも綺麗な、という例えです。

私の勝手な想像ですが、関東の嵐山 という理由は、
烏山→嵐山、那珂川→桂川、境橋→渡月橋を関連付けて
山と川と橋の織り成すコラボ風景が京都の嵐山と良く似ているからだと思うのです。

【境橋】  撮影'11/11/17
落石

この風景から、もうひとつ「那珂川」の例え。
那珂川は、日光国立公園・那須高原の大自然を源流にして水が綺麗で
サケが遡上しアユの漁獲高は日本一、水産資源に恵まれた豊かな川なのです。

それゆえ高知を流れる四万十川を例えに、
那珂川は 関東の四万十川 とも呼ばれています!!!

【サケの遡上】
落石

最後は「境橋」のおはなし、
落石付近の那珂川に架かる古い橋梁です。

境橋は、戦前に架けられたスパンドレル・アーチという型式で
アーチの繋ぎ目にはモダンなバルコニーが上下流に2箇所ずつ設置されています。
那珂川の流れをバルコニーから見下ろすとサケの遡上の様子が見られるのですよ。

このタイプの残存橋として全国的に珍しいことから
価値ある歴史的建造物として学術的に名を馳せているそうです。

【土木学会の認定書】
落石

いずれにせよ一枚目の写真から「落石の紅葉・那珂川・境橋」の自慢話でした。
まあ、ちょっと持ち上げ過ぎかな。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地(境橋)

posted by 旅からす at 12:08| Comment(0) | ■烏山駅の風景から | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

ちりもみじ

イチョウ
【町民広場】  下野花岡駅下車、徒歩15分

高根沢町民広場入口の銀杏並木↓、
ダイナミックな落葉の風景が真っ盛りです。

例年ですと落葉は 11/20 ごろですが、
今年は暖冬のせいか今が見頃となっています。

撮影'11/12/04
イチョウ
nikon D200 Tokina AT-X 116 PRO DX F2.8

そして宝積寺駅西口公園のイチョウ、こちらもマイペースとばかり
いつもどおり師走に入ってから見事な散り紅葉を見せてくれました。

【宝積寺駅の銀杏】
イチョウ
イチョウ

今宵の空模様は小雨....天気予報によると、
明日の朝は薄っすらと初雪になるかも知れない。

沿線は本格的な冬に移り変わる。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地(3枚目)

只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 22:31| Comment(1) | ■宝積寺駅の風景から | 更新情報をチェックする


▲ TopPage


Copyright (C) からせん縁起駅舎の旅/七福神めぐり 2004-2015 All Rights Reserved.