2015年12月23日

柚子

DS6_2489_silk_thumb.jpg
【ユズ】  下野花岡→宝積寺駅 

「桃栗3年、柿8年、柚子は9年でなり下がる、梨の馬鹿めは18年
という諺?言葉があります。
(原田知世主演・大林宣彦監督・映画「時をかける少女」より)

実をつけるまで、いったい何年かかってんだよ〜
とイライラして大馬鹿もの呼ばわり。

撮影'15/12/25
冬至

仕事や勉強、趣味、スポーツ等....
馬鹿野郎と言われつつ地道にコツコツと

時間をかけて辛抱強く頑張れば、
いつかは成果が出るもの、という意かもね?

冬至

写真は「冬至」にちなんで柚子
たわわに実っているから9年以上は経過している。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 10:17| Comment(21) | ■宝積寺駅の風景から | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

日暮れ

冬枯れ
【日が傾く、午後3時半ごろ】  小塙駅から徒歩10分  

夕暮れが日ごとに早まって
気がつくとあたりは真っ暗闇、

「秋の日はつるべ落とし」と云うように
晩秋から初冬にかけて日没時刻が早まります。

【西日が射す、午後3時ごろ】
冬枯れ
撮影'15/12/12

日没時刻は16時25分
一年で最も早く日没する日です。

このあたりは午後になると西日が射し
3時には陽が傾き、4時には日暮れてしまう。

【日暮れる、午後4時前】 
冬枯れ
小塙駅15:52発のキハ40

この時期は夜時間の方が長いので
しばらくは昼時間帯の撮影チャンスが少ない。

----

取材途中の昼食のはなし

昼前に那須烏山市にある「もり食堂」へ
看板メニューは自家製地粉を使った田舎そば、

滝の紅葉 もり食堂

この日は一番人気の「天もりそば」をオーダー、
殻ぐるみという製法の乱切り太麺をズルズルと味わう。

残りの半分は、持参した奥能登の塩をつけ
塩そばにして食べると豊かな風味と旨味が引き立つ。

滝の紅葉 天もりそば 550円

店内の奥にはカウンター席もあり、ひとりでも気兼ねなし、
寒い日には暖かい店内で冷たい蕎麦を食べるのも良いものです。


■そば処 もり食堂
住所:那須烏山市上鏡1778
営業時間 11:00〜14:00
定休日 火曜日(祝日の場合は水曜日)


-- 追記 ----
栃木県と茨城県の八溝山麓には数十軒の蕎麦屋があり通の間では「八溝そば街道」として有名
どの蕎麦屋も地元産の蕎麦をブレンドし(石臼で挽き)八溝山系の水で練ったものを手打ちにしている。
もり食堂のメニューはどれもリーズナブル、大盛りやけんちん汁を+100円するとボリュームたっぷり、
蕎麦つゆはケチらず徳利で並々と、つゆと蕎麦湯を合わせて飲み干すと蕎麦味を最後まで堪能できます。
私は普通盛りでも、お腹いっぱいで満足。烏山に来た時には、ご賞味あれ!


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 02:43| Comment(2) | ■小塙駅の風景から | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

レッドカーペット★

散紅葉
【もみじ絵】  撮影'15/12/05

早いもので師走の入り
烏山沿線は冬枯れの季節です。

秋のおわり、冬のはじまりのような
沿線風景を探し求めて取材していたら

【せせらぎの里公園】
散紅葉
大沢
市営バス・大沢下車

あるある、まだ秋が残ってる!
しっとりとした秋の風情をみつけた。

まるでレッドカーペットのよう
里山で見つけた名残の散モミジです。

散紅葉

晩秋の佇まいをアート感覚で
身をころがしながら撮影してきました。

【大沢〜横枕〜大須木あたり】
散紅葉

また来年、新たな紅葉を楽しみにしよう。
四季折々変わっていく景色の移ろいに心癒されます。

---

那須烏山市の東部、県道29号線に沿って茨城県境方面へ
静かな山中の公園で都会の喧騒を忘れられるお薦めの場所ですよ。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 撮影地


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 09:03| Comment(6) | ■烏山駅の風景から | 更新情報をチェックする


▲ TopPage


Copyright (C) からせん縁起駅舎の旅/七福神めぐり 2004-2015 All Rights Reserved.