2008年12月11日

龍門の滝・江川のサケ

龍門の滝・サケ4
【龍門の滝・サケ】  烏山→滝駅、滝駅から徒歩5分

龍門の滝は、もう枯葉色の佇まいです。
どうしても滝の方に注目しがちなのですが、何やら水中に大物の気配がします。

よ〜く川面を覗いてみると....
何か魚影らしきものが動いて一瞬だけ泳ぎ去るのが見えました。

しばらく観察しているとサケらしき魚が遡上しているではありませんか。
もしかしたら稚魚を人工的に放しているのかも知れません。

Nikon D300 Tokina AT-X 116 PRO DX F2.8
龍門の滝・サケ2

固体数は総勢5匹、
那珂川のサケよりも一回り小振りな、まだ遡上年齢にも達していない若い魚体です。

しかし、なかなか警戒心が強くて近寄って来ません。
人が近づくと滝つぼの方へ逃げて行ってしまうのです。

ならば作戦変更!
撮影は、サケと人間の知恵競べです。
三脚とリモート・シャッターを持参し人の気配をなくす必要があります。
勝負は午後に持ち越し、長期戦の構えです。

龍門の滝・サケ1

陽が傾きかける頃になり、
ようやく三脚の足元で睦まじく寄り添う二匹のサケを撮影することができしました。
もう10年以上も沿線の取材をしていますが、江川にもサケが遡上することを始めて知りました。

龍門の滝・サケ3

龍門の滝があるため、もはや上流へは登れません。
ここが終末の産卵場となりそうです。

心から頑張れとエールを送り
恋の邪魔をしないよう静かに立ち去ることにしました。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地

posted by 旅からす at 00:39| Comment(0) | ■滝駅の風景から | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
EV-E301EV-E301

▲TopPage
EV-E301