2009年11月23日

龍門の滝の紅葉

龍門の滝
【龍門の滝】 滝駅より徒歩5分 滝→烏山駅

こちらは、「滝とからせん」のコラボ写真、
あまりにも有名となっている烏山線の定番シーンです。

滝の上をからせんが走る!というキャッチフレーズのもと
お馴染みのシーンなのですが、今だに納得の一枚が撮影できません。

これまでのボツ写真は、ハードディスクのゴミと化し、
その撮影数は、龍門の滝だけで約2000枚・10ギガバイトを超えています。

撮影'09/11/23
龍門の滝
龍門の滝
龍門の滝

デジタルスチルカメラと呼ばれ、ちょうど出始めの30万画素の頃、
起動や保存に1〜2秒、フォーカスやシャッターのタイムラグも相当あったので
列車の通過撮影は1枚か、せいぜい2枚がやっと、
カメラの基本性能が低かったことから動体撮影は超〜ゥ難しかったですね。

龍門の滝
龍門の滝
龍門の滝

ところが最近のデジタルカメラは、
秒間6枚も撮れるから瞬間撮影なんてお手のもの
ココの列車通過中だって、連続20枚なんて当たり前です。
カメラの革新は、超高感度、手ぶれ補正、51点フォーカスなど凄まじい進化を遂げる。

龍門の滝
龍門の滝
龍門の滝

いったいどこまで進化するのだろう?
いっそのことイメージしたとおりの“納得の一枚”だけ撮れるような未来カメラができないものかな。

写真の話は、さておき
滝の周辺は、広大な水辺公園となっており、
四季折々の美しい落水の景観を見せてくれますよ。
晩秋の風景は今週まで、来週からは、いよいよ冬の様相になるでしょう。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地

posted by 旅からす at 22:33| Comment(6) | ■滝駅の風景から | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

こんにちは
写真の構図って難しいですよね。
三枚目の写真、お客さんがすごいですねー
最初見た時、日光の竜頭の滝それとも奥入瀬の滝それとも袋田の滝などと勝手に想像してしまいました。
撮影ポイントにより見え方が随分変わるもんだなーと思いましたね。
Posted by ななごう at 2009年11月26日 11:55
>ななごうさん
ほら、滝周辺の紅葉って綺麗でしょう。
でもね、本当のところはモミジが数本あるだけ
構図を使って紅葉の名所っぽく気持ち良く騙しているんです。

Posted by mt_crow at 2009年11月27日 07:57
こんばんは。
最近、烏山へ行っていません。
やはり烏山は隠れた紅葉の名所ですね!
Posted by シゲ at 2009年11月28日 20:26
>シゲさん
コメントありがとうございます。
今日は早朝から紅葉めぐり、
今年最後の見納めですね。
里山の黄葉がどこも見ごろでした。
沿線は晩秋の装いです。
Posted by mt_crow at 2009年11月29日 00:11
6枚目の写真、
この写真のシャタースピードは幾つ位ですか。
それと写真を撮る際は三脚無しで撮っているのでしょうか。
Posted by ななごう at 2009年11月29日 03:10
>ななごうさん
朝早くからコメントありがとうございます。
いつもカメラは2台体制で手持ちスタイルですね。
5枚目のExif情報は、
F9.0 1/320 ISO200 0.0EV P(Center) f=11.0mm
Nikon D200 Tokina AT-X 116 PRO DX F2.8
6枚目は、
F10 1/400 ISO200 0.0EV P(Pattern) f=29.0mm
Nikon D300 AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G
この2枚とも同じ場所から撮影し、
画像は Nikon/Normal でカメラ内のjpeg現像処理です。
どちらも色加工などは一切しておりません。
Posted by mt_crow at 2009年11月29日 15:06