2014年01月28日

冬の無人駅舎

赤レール
【無人駅舎】  下野花岡駅校内

庭先を走る “からせん” そのエンジン音は
わが家の生活のリズム、時しるべとなっている。

列車が通過すると次女むすめ、
学校へ行かなきゃ〜、お風呂に入らなきゃ〜、あぁ勉強しなきゃ〜(言うだけ!)

と各人・各様に...

私の場合は、早朝の一番列車の音で目覚め、
深夜の回送列車の音で眠りにつく毎日という具合である。

撮影'14/01/22
赤レール

この春、3月15日のダイヤ改正に合わせて
国内初の蓄電池パワーで走る新型車両が運行します。

車両の愛称は「アキュム」、

アキュム
JR東日本プレリリースより

アキュム君、ちょっとモダンすぎて
烏山沿線の田舎風景には似合わないかも....

このBlog中で走らせるイメージ車両はこちら↓
最新のデザインらしい上品なフォルムに仕上げてみました。

EV-E301EV-E301  ACCUM v0.1 Copyright(C) by mt_crow

走行音が静からしいので
わが家の生活リズムが乱れそう。

-----

写真は下野花岡駅構内、ホーム中央がフラットになりました。
各駅舎のリニューアルやバリアフリー工事が急ピッチで進められている。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる



 烏山線撮影地


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 01:06| Comment(4) | ■下野花岡駅の風景から | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書いてましたら、何処かへ飛んでしまいました。
冬の駅構内、良い感じですね。
旅を楽しむならこんな風景の有る処が、何かホットするように思えます。
新型車両の登場が楽しみですね。
今までの、あのゴットンと云う感じが無く成るんでしょうか?
レールは同じでしょうから、ゴットンは今まで通りですかね。
乗り心地が、楽しみです。
Posted by ななごう at 2014年01月30日 14:43
■ななごうさん
庭先のところは沿線一の急坂とカーブです。
上り列車は段丘手前からガタンゴトンの音が聞こえはじめます。
そして築堤を登坂するあたりからエンジンのゴォー音が逆に大きくなり、
庭先のところでブォーの爆音、エンジンの回転数まで聞き分けられるほど。
運転手にも個性があって一気に登る、助走をつける、慣性で走るといろいろ。
深夜の回送列車では、ガタンゴトンの音が聴こえると睡魔に誘われて夢心地になります。
Posted by mt_crow at 2014年01月31日 17:19
イメージからしますと、かなり静かそうに見えますね。
朝の目覚めが遅く成ったりしますかね。
Posted by ななごう at 2014年02月02日 22:13
■ななごうさん
そのうち夜間の走行テストをするかも知れません。
耳を傾けます。
Posted by mt_crow at 2014年02月07日 00:37
 

▲ページの先頭へ