2017年06月22日

麦秋

麦秋
【麦秋】  宝積寺→下野花岡駅

栃木県は、ビール麦(二条大麦)の生産量日本一、
国内自給率は12%ですが、その半分が栃木県産のもの、

もしかしたら
キリンの一番絞りやアサヒのスーパードライは
沿線で育ったビール麦が使われているかも知れません。

麦秋

さて、「ビール」と「発泡酒」の違いを調べてみると
原料に占める麦芽の重量が3分の2以上含まれるならビール、
それ未満なのが発泡酒に分類されるそうです。

麦秋

最近では新ジャンルと呼ばれる
第三のビールもあるので、ややこしい

発泡酒に別のアルコールを混ぜると新ジャンル
缶のラベルには「リキュール(発泡性)」と記されています。

【宝積寺段丘】
麦秋

最近の発泡酒は、のどごしが良くてビールと変わらぬ美味しさ
しかも清涼飲料水の価格よりも安くて貧乏サラリーマンの味方です。

麦秋

ためしに「ビール」と「発泡酒」の味の違いを比べてみたら、
呑みはじめてから3本目あたりで区別できなくなります。

麦秋

新ジャンルの種類を飲み比べると
私はサントリーの「金麦」が一番あってる。

--------

写真(3枚目〜)は宝積寺段丘上に広がる麦畑、
広大な麦畑は、さながら北海道の富良野や美瑛の丘風景のようです。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 08:45| Comment(2) | ■宝積寺駅の風景から | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
3枚目の写真、6枚目の写真、ともに唸ってしまいました。
3枚目:普段は見ることのできない「風」をも間接的に視覚化。臨場感を感じます。
見えない現象を視覚化する技術は、さすがですね。
6枚目:雲の影がくっきりしていて、低層の濃い雨雲や雷雲などを想像させます。
このあと、夕立にでもなるのかなと、妄想が膨らみます。
ここまで妄想させておいて雲自体は映っていない点は、これも表現の手法のひとつなのかと勉強になりました。
他の写真も・・・もう書ききれませんよ。
Posted by WPJ at 2017年07月02日 09:30
■WPJさん
勝手に妄想してください。
3枚目:風が強かっただけ!
6枚目:4枚目の雲が流れただけ!
ここは農地専用の土地で人家がありません。
まるで北海道のような風景を見せてくれます。
私の散歩コースです。

Posted by mt_crow at 2017年07月04日 22:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。