2019年06月27日

白アジサイ

あじさい
【白アジサイ】  龍門の滝、滝水公園にて


アジサイの花は土壌の酸度PHにより
酸性→青色、中性→紫色、アルカリ性→赤色へ

この時季のアジサイは色とりどりで
青から赤色のグラデーションを楽しめます。


撮影'19/06/23
あじさい
シベまで白い


最近は鉢植の白アジサイが人気です。
白アジサイは上品で清楚、控えめなので
日本のわび、さびに通じるところがあるらしい。


西洋アジサイ
あじさい
ゴージャスな白


どうしたら白色のアジサイになるのか不思議です。
本来もつべき青色の色素(アントシアニン)をもたせないよう
遺伝子の組換技術?により品種改良が行われているのかも知れません。


マウスイン↓で列車ありの写真に変わります

鴻野山→大金駅


結婚式の花飾りに純白のアジサイなら、映えそう!
白無垢の花嫁衣裳と同じ意味で決して浮り気はしません。
あなたの色に染まります、と


咲き始めは淡い緑色で成長につれて純白へ
あじさい
あじさい
上:アナベル、下:柏葉アジサイ


ほんとうにキレイな純白なんだわ〜
高級感もあって上級者向けの花ですね。


----


さて
ここからは番外編のアジサイです。
栃木市の大平山あじさい坂へ行ってきました。


あじさい


太平山あじさい坂は
太平山神社へ参拝するための表参道にあたり
約1千段もの階段両側に2500株のアジサイが植えられています。
山全体が花壇のようなものですから見ごたえたっぷりです。


あじさい


上りの所要時間は約60分ほど
途中、休憩しながら、撮影しながら
ゆっくりと階段を登りながら山頂の太平山神社へ


あじさい


梅雨の時季は階段が濡れて滑りやすいため
アジサイの鑑賞よりも足元に集中してしまう。
しかも石畳の階段なので凸凹して歩きにくいのです。


あじさい


ハイヒール履きや年配の方は途中で断念します。
大平山神社まではスニーカーでないと、たどり着きません。
フットワークを優先してカメラ機材なども最小限にしています。


あじさい


ゴールまで、あとわずか!!!
登りつめると達成感にひたれますよ。


あじさい


帰りは下り坂で楽ちん、
余裕も出てきて眼下にアジサイを見おろすような眺め、
上りと下りの異なる景色を二倍楽しめますよ。


----


太平山は標高340mの小高い山で関東平野を一望できる抜群の眺望、
春はサクラの名所として日本のサクラ百選のひとつに選ばれるほどです。
また山頂付近には茶店があるので名物の味も楽しめます
特に玉子焼は有名、いも串、太平だんご等も
栃木のソウルフードもオススメです。





烏山線撮影地


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 17:46| Comment(0) | ■鴻野山駅の風景から | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
EV-E301EV-E301

▲TopPage
EV-E301