2007年12月11日

鴻野山駅・枯れ尾花

ススキ
【枯れ尾花】 鴻野山駅

12月も半ばとなり、烏山沿線も冬へと季節が移ろいつつある。
写真のススキ、別名「尾花」ともいい、立ち枯れても強靭に立ち尽くしている。

それもそのはず、乾燥させたカヤやススキは、かやぶき屋根の材料として使われており、
補修しながら30〜40年くらいは耐久性があるといいます。

晩秋の夕暮れ時、寒々とした尾花の風景は、もの悲しげな情景を作り出す。
温暖化の影響なのか、もうだいぶ前から綿毛なのだが、今でも枯れずに咲いている。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地

posted by 旅からす at 01:53| Comment(0) | ■鴻野山駅の風景から | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 

▲ページの先頭へ