2016年07月22日

山あげ祭 2016

山あげ2016
【奉納余興】  烏山駅下車・徒歩1分 

沿線の夏まつり 2016 山あげ祭 が始まる。
山あげ祭は450年もの伝統を誇る日本一の野外歌舞伎

<祭りの見どころ>
輪番制による若衆らによる一糸乱れぬ山の組み上げ、今年は金井町が当番になっている。
そして保存会による妖艶な歌舞伎の舞い、さらに祭りの雰囲気を盛り上げる三味線の常磐津です。
町内のあちこちで山を上げながら延べ3日間で18回もの野外歌舞伎が繰り広げられる。

【三番叟役】
山あげ2016

写真は第1回目の公演の様子で演目「三番叟」を撮影したもの
明日からの本番に向けて歌舞伎の練習成果を披露する。

【千歳役】
山あげ2016

演目の三番叟(さんばそう)とは
鈴を鳴らし天地精霊の神へ呼びかけて
天下泰平・国土安穏・五穀豊穣を祈願する神事の舞。

【翁役】
山あげ2016

★翁(おきな)
集落の長、象徴として神聖な役柄。
★千歳(せんざい)
若者の象徴、先導役として露払いの役割。
★三番叟(さんばそう)
農民の象徴、烏帽子をかぶり扇と鈴を持って舞を舞う。

山あげ2016

祭りの主役は舞台後方に並ぶ三つの山
山を組み上げるのは総勢約100名の若衆たち

その中でも「木頭」と呼ばれるリーダーは
祭りの再重要ポストで若衆チームを巧みに動かす。

【木頭の合図】
山あげ2016

金井町の山はユニークな絵が特長で
滝壺から魚が跳ね上がるという仕掛けつき。

【大山】
山あげ2016

今秋、山あげ祭は全国三十三の
まつり「山・鉾・屋台行事」のひとつとして
ユネスコ無形文化遺産に登録される見込みである。

山あげ2016

 地元の語り娘により
 大祭の由来やエピソードを口上

 その後に外国人観光客向けに
 流暢な英語と中国語でスピーチし
 国際的に山あげ祭をアピール!



今年も那須烏山の暑い夏が始まる。

<山あげ祭>
期間:平成28年7月22日(金)〜24日(日)
場所:那須烏山市、烏山駅下車・徒歩1〜10分

-----
kiha40_red.gif2toneキハ40
追加レポート

新宿発の臨時快速「烏山山あげ祭号」から
宝積寺駅で連絡する列車として

キハ3輌による臨時快速が運行される
その様子がこちら↓

【臨時快速】  宝積寺→下野花岡駅
快速
撮影'15/07/24

臨時快速の途中停車駅は大金駅のみ
通常35分のところ快速なら31分で走る。

快速
撮影'15/07/23

....速いんだか....!
....遅いんだか....!


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


撮影地


只今編集中です....
写真、コメント文など内容が変わります。

posted by 旅からす at 03:05| Comment(4) | 山あげ祭 2016 | 更新情報をチェックする