2008年10月02日

旅カメラ 五能線の車窓風景(番外編)★

キハ48
【五能線】

旅カメラ・番外編
初秋の青森・秋田方面へ行き「五能線」の車窓風景を撮影してきました。

五能線は、青森県・川辺駅から秋田県・東能代駅に至る全長147.2kmの非電化ローカル路線。
見どころは、海岸に沿って約80kmもの長い区間を走るところです。
美しい海岸線の眺め、波穏やかな秋の日本海を堪能することができました。

(五能線の沿線風景・番外編)
鯵ヶ沢
 最初に見える日本海(鯵ヶ沢駅過ぎ)

(五能線の沿線風景・番外編)
陸奥柳田
 ちょうど稲刈り前の時季(陸奥柳田駅手前)

(五能線の沿線風景・番外編)
千畳敷
 大地震で隆起した海岸(千畳敷駅手前)

(五能線の沿線風景・番外編)
かそせ
 透き通る水、波静かな海岸

(五能線の沿線風景・番外編)
とどろき
 もうすぐトンネル、ここは撮影ポイントです。

(五能線の沿線風景・番外編)
深浦
 海のすぐ近くに水田が広がる

(五能線の沿線風景・番外編)
【鯵ヶ沢→深浦駅】追良瀬付近
 眼下に波打ち際がある

(五能線の沿線風景・番外編)
行合岬
 赤い岩肌

(五能線の沿線風景・番外編)
深浦近く
 奇岩・怪石が目を楽しませる

(五能線の沿線風景・番外編)
深浦近く
 護岸が階段状に整備されている

(五能線の沿線風景・番外編)
深浦港を望む
 美しい深浦港を望む 

五能線の車窓風景は、まだ半分。
順次公開中です....


 詳しい地図で見る

<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる

只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。




posted by 旅からす at 23:09| Comment(0) | 番外編・旅カメラ | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

旅カメラ ニコンD300(紫陽花)★

D300
Nikon D300

旅カメラ
ニコンD300を持って 紫陽花 を撮影してきました。

梅雨の季節に似合う
落ち着いた雰囲気のガクアジサイ、色あざやかな西洋アジサイ、可憐な山アジサイなど、
好みもいろいろ。

<紫陽花>
あじさい林
白から青、薄紫から濃いピンク、紅色まで色々な品種がある。

紅ガク
くれない
紅紫陽花
【鎌倉・御霊神社】 可憐な「紅ガク」、赤色は珍しい。山アジサイの仲間です。

ハイドランジア
むらさき
ピンク
色あざやかな「ハイドランジア」、濃い色が印象的、西洋アジサイの仲間です。

ピンク
夏祭り

渦アジサイ
渦アジサイ
【鎌倉・明月院】 かわいい「渦アジサイ」、おたふくアジサイともいう。

のこぎり
白・寺
【鎌倉・極楽寺】 日本古来のガクアジサイ、原種は、三浦半島近くに自生するという。

ムラサキ
ガク・ムラサキ

柏葉
八重柏葉
【鎌倉・東慶寺】 北米産の柏葉アジサイ、八重咲きのものを「スノーフレーク」と呼ぶ。

調査中・墨田の花火?
墨田の花火
【鎌倉・明月院】 墨田の花火

和服
花観賞

カメラは、ニコン D300 と 60mmマクロ 1本を持って出かけました。
梅雨の時季に色々な場所へ行って撮影した寄せ集めです。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる

posted by 旅からす at 23:15| Comment(0) | 番外編・旅カメラ | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

旅カメラ ニコンD300(春旅・古都)★

D300
Nikon D300

旅カメラ
ニコンD300を持って 京都、北陸 方面へ行き 古都の情景と新緑 を撮影してきました。

<京都>
清水寺
早朝の清水寺
音羽の滝
音羽の滝
鳥居本
鳥居本
野々宮神社
野々宮神社
京都駅
京都駅
京都タワー
京都タワー

ずっと愛用してきたニコン「D200」
沿線風景の撮影に活躍し、今でも何ひとつ不満を感じるところがない。

ところが、
新しもの好きの悪い癖で他機種へ乗換えたいという浮気心と物欲が密かに芽生えてきた。
....カメラボディ・フェチの悲しい習性である。

<金沢>
兼六園
早朝の兼六園、水面に映る緑は爽やかでした。
東茶屋街2
東茶屋街
主計町
主計町
浅野川
浅野川

誘惑の発端は、この春に新作カメラが勢揃いしたことにある。
その性能は、1480万画素、秒間8枚、CCD手ぶれ補正、11点ツインクロスセンサなど....
どれもこれも魅力的なハイスペックモデルばかりである。

特にE-3やα700、K20D、EOS40Dあたりは、とても気になる存在である。
どの機種も今以上に美しく撮れるような気配がしてならないからだ。

<加賀>
橋立
日本海・橋立、尼御前岬方向を望む
加佐の岬1
パワースポットの加佐ノ岬....素敵な出会いがありました!
こおろぎ橋
山中温泉・こおろぎ橋
鶴仙渓
新緑の鶴仙渓
山の文化館2
深田久弥・山の文化館
山の文化館
みごとな大銀杏

あれこれ半年ほど迷ってみたが、
浮気をするとレンズの買い増しが必要となり、結局のところ高価な買いものになる。
後々レンズ沼に引き込まれるのなら同じ血統を選択することにした。

トップの「D300」の写真。レンズも装着せず、連休中はまだ1枚もシャッターを切っていない。
記念すべき1枚は、何処で何を撮るか今、考え中である。

<お気に入り>
九谷焼美術館
九谷焼美術館
茶房・古九谷
茶房・古九谷にて
加賀棒茶
丸八製茶場
茶房・実生にて、ほっこりと
茶房・実生にて


というわけで....「D300」私の第15代目の デジカメ・コレクション に加わった。

今回の旅カメラは、連休明けに一路・京都へ。
帰りは、JR北陸本線を経由して金沢・加賀市方面へ行き古都の情景と新緑を味わってきました。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる

posted by 旅からす at 20:40| Comment(0) | 番外編・旅カメラ | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

旅カメラ オリンパスE−410(北陸編)★

 E-410
OLYMPUS E-410 ZUIKO DEGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6

旅カメラ
オリンパスE−410を持って 晩秋の北陸・加賀路 をのんびりと旅してきました。

<キャンバス>
キャンバス
JR加賀温泉駅からキャンバスで楽ちん加賀の旅、一日1000円で乗り放題。
快晴のオリンパスブルーが向かえてくれました。

<いろは草庵>
いろは草庵・茶器
北大路魯山人と親交の深い「須田菁華」の茶器、お茶は「加賀棒茶」のおもてなし。
いろは草庵
苔の庭園を見ながらホッと一腹、旅の疲れが癒されます。
いろは草庵・中庭から
「魯山人萬居跡 いろは草庵」、とても居心地がよい。

<山代温泉>
山代温泉
山代温泉街を散策
はづちを
「はづちを楽堂」....文化や芸能を楽しみ集い交流する処
はづちを
お土産は、湯のみ....道場八重さん作の九谷焼を買いました。
山代総湯
ついでに山代温泉・総湯に浸かリ、名物の温泉タマゴも食べてきました。

<那谷寺>
那谷寺
本日のメイン。職場の同僚(石川県小松市出身)がイチ押しの場所、北陸の紅葉なら「那谷寺」へと誘う。
那谷寺・女二人
まばゆいほどの美しさでした。

<加賀の銘酒>
大日盛
大日盛(だいにちざかり)の蔵元へ
大日盛
最近、吟醸酒がマイブーム。大吟醸「十代目」の芳醇な香り、どっしりとした味に大感激。
搾り立ての新酒を予約しちゃいました。お正月が楽しみです。

<白山>
動橋川・3
酒蔵の周辺を散策すると....霊峰・白山が見えた!
動橋川・4
川と空の見事なコントラスト....透きとおるような蒼い空。
動橋川・2
綺麗な風景に出会える旅って印象に残りますよね。
動橋川・1
美しい北陸!

今回の旅カメラは、11月中旬に空路で徳島へ
仕事の帰りは、バスで淡路島を経由し京都へ
さらにJR北陸本線で福井・加賀方面へ行き温泉三昧、
18日早朝に金沢入りし「金沢検定」(100問/90分・80点合格)を受験してきました。

白山連峰
等倍にすると雪渓の白山連峰が見えました。

世界最小、最軽量、最薄のE−410は、カバンの中にすっぽり収まり旅カメラにうって付け、
キットレンズの ZUIKO DEGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 もご覧の描写力、
前回の鎌倉編より使い慣れて、すっかりオリンパスブルーの世界に惚れちゃいました。


旅カメラ オリンパスE−410(鎌倉編)'07/6/27
旅カメラ オリンパスE−410(導入編)'07/5/27


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる

タグ:E-410
posted by 旅からす at 00:06| Comment(0) | 番外編・旅カメラ | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

旅カメラ オリンパスE−410(鎌倉編)★

OLYMPUS E-410


旅カメラ
オリンパスE−410を持って 紫陽花の咲く鎌倉 を訪ねてみた。


<鎌倉散策> OLYMPUS E-410 ZUIKO DEGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
五霊神社
アジサイは、古都「鎌倉」の魅力を引き立てる

明月院参道
道々に咲くアジサイ、ちょうど見頃でした。

明月院
皆が、『 あの二人ジャマねぇ〜 』 というが、被写体としては、この方がいい感じ。

葉祥明美術館
綺麗なアジサイがあるとカメラ同士で目が合うことも....

明月院
抹茶スタイルをパチリ!

葉祥明美術館2
美人が集う庭

極楽寺
「極楽寺」、境内に映える渦アジサイ

明月院1
「明月院」、アジサイ寺として有名

東慶寺1
「東慶寺」、色とりどりの花の寺

東慶寺2
しばしの休憩、所。....迷惑かも

極楽寺
幸せになりたい! ....と願う

極楽寺駅
さぁ、どこへ行こうか?

成就院1
「由比ガ浜」の見える絶景ポイント

由比ガ浜
ガラスのカケラは、「ビーチマネー」になるって知ってた。

江ノ電
江ノ電・界隈

この日は、
オリンパス E-410 を持って鎌倉の街を散歩してきた。
女性客の多いことにビックリ、紫陽花もちょうど見頃でした。

世界最小、最軽量、最薄のボディは、左手の中にすっぽり収まりスナップ・ショットにうって付け、
キットレンズの ZUIKO DEGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 もご覧の通り、
なかなかの描写力に惚れちゃいました。

旅カメラ オリンパスE−410(北陸編
旅カメラ オリンパスE−410(鎌倉編
旅カメラ オリンパスE−410(導入編


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる

posted by 旅からす at 12:20| Comment(0) | 番外編・旅カメラ | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

旅カメラ オリンパスE−410(購入編)★

 E-410
母(妻)の日のプレゼントは、「安ーいデジカメ」 にしようと決めてカメラ屋さんへ行った....
ところが、世界最小・最薄・最軽量の オリンパス “E−410” が、心を誘惑してきた。

ストラップ
早速、カメラを手にして構えると....すっぽり手の平におさまるボディ、
グリップのない斬新なフォルム、その使い心地は、実にスマート&エレガントである。

<てにんちゅ> OLYMPUS E-410 ZUIKO DEGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
Tシャツ
しかも、ライブビュー搭載なのでボケやピント、露出、色温度を自由にコントロールできる。

<庭花> OLYMPUS E-410 ZUIKO DEGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
はな
もしかしたら....思い通りの写真が撮れるかも知れない。
あじさい
キャノンやニコンとは違うフォーサーズの世界もいいかも知れない。

<写真集> OLYMPUS E-410 ZUIKO DEGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
あおい
ダメ押しは、イメージ・ガールの 宮崎あおい チャン。
彼女のメチャ可愛らしい魅力が、TVコマーシャルやフォト・アルバムから溢れ出ていた。

<風景> OLYMPUS E-410 ZUIKO DEGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
田園
あおい、青い、蒼ーいの「オリンパス・ブルー
お気に入り
どうしよう!....
おおがね
今なら写真集もオマケしてくれるという。

<無人駅> OLYMPUS E-410 ZUIKO DEGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
下野花岡1
旅カメラ
線路
迷った果てに衝動買い
母の日に....妻へ1台....そして....自分へもう1台。
プレゼントのお返しは、ユニ●ロのTシャツと「ありがと」のひと言。
えっ、それだけ?

何はともあれ....
オリンパスのE-410、私の第13代目の デジカメ・コレクション に加わった。


旅カメラ オリンパスE−410(北陸編
旅カメラ オリンパスE−410(鎌倉編


<沿線各駅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる

posted by 旅からす at 17:17| Comment(0) | 番外編・旅カメラ | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

ノキアのケータイ N73/705NK(番外編)★

ノキアのケータイ
ケータイのカメラは、おまけみたいなもの
カメラ
と思っていたが、
たまたまソフトバンクのショップへ行って目にとまった上のカメラ....じゃなくてケータイ。
カメラ操作は、レンズカバーをスライドさせるだけの超簡単操作、
しかも ツァイス 基準のカメラなので期待も高まり衝動的に機種変更をしてしまった。
費用は、貯まったポイントを使うと約1万円、コンデジを買ったと思えば、まるでタダ!みたいな価格である。
早速、家に帰ってお気に入りの風景を撮ってみると....

<遠景・風景> nokia 705NK Carl Zeiss Tessar 2.8/5.6
青空
空がコバルト・ブルーに写るんです。

沿線風景
まずは、レンズ。やはり ツァイス・テッサー の称号を名乗るだけあり並みのケータイ・カメラではない。
最新のデジカメ専用機には、到底かなわないけれど、ウェブならご覧のとおり、仕事で使う写真もまあOK、
趣味撮りには不満だが、この性能ならデジカメを別にもう一台もち歩く必要がない。
....画像の第一印象は、赤がやや強目のビビット系かも

<おひなさま>
おひなさま
新年にお雛様を飾った

おひなさま
上品な顔立ち、高貴なおすべらかし、優雅な十二単、貴賓に満ちたシルエット、恐れ多いが雛人形を激写してみた。
シャッター半押しで “ピィ” と鳴れば、ジャストフォーカスのサイン。さらにグッと押し込む。あれェ?
....連写は、秒間1枚、レスポンスが悪い

<動かない建物>
健康の森
どぉーしても気になる

Jヴィレッジ広野
建物のような動かない被写体なら問題ない。
しかし、子供たちの満面の笑顔、目前に迫る「からせん」の列車など、狙った瞬間撮りができない。
....これは、予想外。ケータイカメラに期待しすぎですね

<餃子>
餃子
「正嗣(まさし)」の餃子

水餃子
メニューは、「焼き餃子」と「水餃子」のみ。通は、「焼きダブルとスイいち」などと言って注文する。
宇都宮が餃子の街と言われる以前からの老舗の味、これは絶品。文句なしに美味しい。
....このカメラ、けっこう旨そうに写る

<マスコット>
やきもの
益子焼の「招き猫」たち

やきもの
もうだいぶ前から我が家の玄関に鎮座し手招きしているわりには、なかなか小判がやってこない。
手柄を立てれば、もっと分厚い座布団にしてあげるのだが....
....撮った画像は、ブルートゥース でパソコンへワンタッチ転送。これは便利!

<花びら>
花弁
この花びら↑は、「タンポポ」の生画像をトリミングしたもの、一切の味付けなし

なのはな
こちら↑は、年末から咲いている「なのはな」。花びらは、薄い黄色で何だか寒そう。
....レンズのキレの良いこと

<スタバ>
珈琲2
週末の夜は、家族といっしょに大型店へ

珈琲2
私は、暇なのでスタバで過ごす

壁画
今では、すっかり週末のリズムとなって結構、気に入っている。今夜の帰りは、23時
....夜の雰囲気もなかなか

<モノトーン>
tea
このカメラ、何だかマニアック

モノトーン
私には、セピアやネガも不要なモードである。
ついでに白黒モードは、リアルな喉チン●が見えないようカムフラージュのためにある....と思っている。

皆からは、 「これはカメラ?」 と聞かれるが....
「いやいや、これはケータイ!」 と答える。

ノキア

ノキアの N73/705NK には、簡単、きれいに撮れる高画質カメラが合体されている。
もしかしたら....
「カメラ」 がメインで 「ケータイ」 がオマケなのかも知れない.... よ?

何はともあれノキアのケータイ、
私の第12代目の デジカメ・コレクション に加わった。


<沿線各駅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地

posted by 旅からす at 18:57| Comment(0) | 番外編・旅カメラ | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

旅カメラ キャノンEOS Kiss DN(雅旅)★

京都駅
CANON EOS-kiss Digital N EF 50mm F1.8U

旅カメラ
キャノン EOS-kiss Digital N と50mm1本だけを持って ひとり旅 を楽しむ。

雅・鳥居本
キャノンの単焦点レンズ EF 50mm F1.8U

カメラウーマン
このレンズ「軽い・明るい・安い」の三拍子そろったお値打ちものです。

雅・ストラップ
購入価格は約9000円、プラスチック製のレンズボディはチープそのもの。

雅・川
買ったその日から消耗品感覚でフィルターも装着しない。

町屋
もしかしたら世界一安いレンズとデジイチの組み合わせかも知れない。

雅・玄関
ダメもと、“お試しっ”みたいな感じで、しばらくは kiss につけっぱなし。

雅・まゆ
私のようなデジイチ入門者にはぴったりなレンズです。

雅・落柿舎
何より軽いのでお散歩カメラとして“フットワーク”が抜群に良い。

雅・ガラスウサギ
引けば広角、寄れば望遠....

雅・印鑑
APS−Cサイズに換算すると75mm相当、

雅・自由軒
中望遠レンズの不思議な世界です。

あかり
明るいレンズなので手ぶれ補正がいらない。

紅葉
この値段でこの写りなら、

雅・もみじ
文句のつけようがない。

雅・先斗町
少し絞ればキレ味も抜群、解像力もなかなか。

雅・皿2
雅・皿
難しい光の条件下でも確実に捕らえてくれる。

落柿舎3
私のお気に入りのレンズである。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる

posted by 旅からす at 11:44| Comment(0) | 番外編・旅カメラ | 更新情報をチェックする