2017年01月02日

富士山

富士山
【富士山のシルエット】  

年のはじめを飾る風景は
沿線から見える「富士山」です。

m(*_■)m

2017年、新年おめでとうございます。
皆様の新しい年が穏やかで輝かしい年でありますように....

【台新田展望台からの眺め】
富士山
f=28mm

元日の夕刻、きれいな夕焼け空なので
富士山が見れるという台新田展望台へ行ってみたら

見えた! 地平線の果てに富士山のシルエット
刻々と変化する天空のグラディーションに感動しまくり

富士山
f=300mm

写真は日没後30分ほど経過し
天空が蒼色に染まる時間帯を撮影したもの。

都心の空気がきれいなお正月は
富士山が見れるチャンスが高いそうですよ。

展望台からは からせん の列車も、
仁井田〜下野花岡間を通過中の車窓の灯かりが見えました。

撮影'17/01/01 17:14
富士山
富士山
上と下の写真では列車の位置が異なります

「一年の計は元旦にあり」と云いますが
取材初日に富士山を仰げる縁起の良い元日でした。

今年も沿線の祭りや四季の移ろいなど
からせんの走る沿線風景をブログで発信します。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 11:39| Comment(2) | ■仁井田駅の風景から | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

続・コスモス

コスモス
【秋桜】  下野花岡→仁井田駅 

今が見ごろのコスモス、
うーん、ちょっと旬が過ぎてるかも?

日本の秋らしい風景には
やっぱコスモスの花が似合うね〜

撮影'15/10/10
コスモス

ピンクや白、赤紫など様々な色があり、
沿線に彩りを添えて彼方此方に咲いています。

------

今回は趣味のオーディオについて
秋の夜長は真空管アンプでジャズを楽しむ。

出力管は EL84/6BQ5 の純A級シングル、
今宵は中華製 Golden Dragon社の管球をチョイス、

コスモス miniwatt 3

真空管アンプは温もりのある音質で
現代音を懐かしい昭和の香りに変えてくれる。

コスモス My AUDIO room

ビンテージな響きの管球サウンドを聴きながら
とっておきのワインを嗜む、至福の時を感じます。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 14:08| Comment(0) | ■仁井田駅の風景から | 更新情報をチェックする

2014年10月03日

コスモス

コスモス
【コスモス】  下野花岡→仁井田駅 

季節の移り変わりは早いもので、
彼岸をすぎると朝夕の寒暖差が激しくなり、

今朝は半袖を着ようか上着をまとうか迷うほど
1日ごとにグーーーっと、秋らしくなってきました。

撮影'14/09/27
コスモス

さて、この写真を撮影している中、
御嶽山噴火のニュースを聞いてビックリ︎

昨年、はじめて登山を経験し上高地から北穂高岳へ
あの時の山の展望を忘れられず、次の計画をしていたところでした。

誰でも登れる手頃な低山であっても、
たとえ良い天気でも、万全の装備をしていても、
何が起きるかわからない自然災害の恐ろしさを痛感した。

コスモス

栃木県の那須高原にそびえ立つ
茶臼岳1915mは気象庁の常時観測火山のひとつ。

もうじき紅葉の季節をむかえるが、
活火山の天変地異が気になってしまう。

-----

腕時計の電池交換のおはなし、

専門的な知識と道具が必要と思って
いつもの時計屋さんへ電池交換を依頼したところ

これまで交換作業は1個500円だったのに
一気に1000円に値上げ、しかも舶来品は1500円という。

3倍に値上げなんて、もうヤメヤメや〜めた。

時計 お気に入りの時計
時計 日本製のムーブメント

それなら自分でやってみようとチャレンジ!
蓋をパカッと開けて一個108円の電池を交換したら

超簡単、なぁーんだ
誰でもできる作業でした。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 06:20| Comment(4) | ■仁井田駅の風景から | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

カンナ

カンナ
【カンナ】  仁井田→下野花岡駅 

季節は、秋近しのはずですが、
日中の気温は、ゆうに30℃越え、

9月に入ってからも陽射しが強くて、
まるで真夏のよう、残暑が厳しい毎日です。

撮影'11/09/02
カンナ

写真はカンナ、少し前に撮影したものですが
この夏中、ずっと咲き続けてくれたお礼に。


=== 番外編 ===================================

さて、ここからは番外編の旅カメラ、
北アルプスの上高地〜北穂高岳へ行ってきました。

上高地

大正4年に焼岳の噴火で堰き止められた大正池、
朝霧に包まれた「立ち枯れの木」を見ると幻想的な世界へ誘われる。

上高地

そして上高地を代表する景観のひとつ、
まるで鏡のような美しい水面に映る穂高連山のようす。

上高地

「水の中を動いてゐる。水の中には悪魔がゐる。」
(板倉勝信『山と雪の日記』より)

上高地

水中に棲む巨大イワナが獲物を狙う
その瞬間の生き姿を見て「魔性の池」と表現させたと云う。

上高地

そして大正池に棲むアイドル....カモ、
観光地化されてしまい人に対する警戒心がありません。

上高地

原生林の中に点在する緑一色の湿原、
夏はバイカモやニッコウキスゲ、コケモモが美しい。

上高地

早朝の河童橋から出発し
上高地→(3時間)→横尾→(3時間)→涸沢小屋・泊→(3.5時間)→北穂高岳・北穂高小屋へ
はじめての登山道なので一眼カメラは所持せず、一歩ずつ山歩きに専念しました。

上高地

上高地から本谷橋あたりまでは、平坦でルンルン気分でしたが
涸沢からは尖った稜線をクサリやハシゴをよじ登りながら身の危険さえも感じました。

昼ごろ、北穂高岳の尾根から滑落事故があって
ヘリコプターの救出劇を目の当たりにし登山の怖さを覚えました。

カンナ

そして旅の最後は、あっさり醤油味の飛騨高山板蔵ラーメン、
シンプルな具、縮れ麺にスープが絡み昔ながらの中華ソバという感じ。

この味、うま〜い。


カンナ




 iPhoneのGPSアプリで記録
 山あいやトンネル区間は記録できません。


職場が足利市内に変わってから
中部地方や北陸方面へのドライブ、旅カメラに好都合です。

GPSの記録によると北関東自動車道で松本ICまで2時間20分、
日帰りできる範囲が広がりました。


 烏山線撮影地


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 10:33| Comment(0) | ■仁井田駅の風景から | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

ひまわり

ひまわり
【ひまわり】  仁井田駅付近  撮影'12/08/15

今年の夏は残暑が厳しいですね。
盆明けから連日の夏空が続いています。

オリンピックが暑い夏を、さらに熱くしてくれたようです。
栃木県出身の高校生スイマー萩野君の銅メダルから次々と
卓球女子団体の平野早矢香さん、そして女子サッカーの安藤梢さんと鮫島彩さん
他の競技の選手たちにも連日連夜(朝)、声援を送りましたよ。

諦めないで頑張るその姿に人は感動をもらいました。
これも大切な夏の思い出です。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 18:02| Comment(0) | ■仁井田駅の風景から | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

ソバ畑


【ソバ畑】  鴻野山駅→仁井田駅

夕方から急に寒さがやってきて
まだ10月だというのにファンヒータを出す始末、

北海道では初雪を観測し、関西では木枯らし1号も吹き荒れ、
あの夏の猛暑日が嘘のよう、秋から冬へ季節の移ろいを感じます。

【そば畑のジュータン】  撮影'10/10/23
蕎麦

日曜日の午前11時頃のこと、
突然の大爆音がして何が起きたのだろうと外へ飛び出すと

超低空飛行のジェット戦闘機F15イーグルが、
わが家の上空あたりを編隊を組んで旋回しているではないか!

【丘陵の斜面に広がる蕎麦の花】
蕎麦

その様子を夢中で見ていたら、
今度は、対艦ミサイル搭載のF2支援戦闘機?も飛来し、
こちらの編隊はその後も....次々と。

いよいよ近所で戦争が始まったのかと思ったら
どうやら埼玉県朝霧駐屯地で行われる自衛隊観閲式の参加のためらしい。

【F2支援戦闘機】  □内は等倍に拡大したもの
蕎麦

このあたりで、ゆっくりと待機飛行をしながら
式典時間に合わせてジャスト1秒を調整しているようだ。

おかげで庭先から、しばしの航空ショーを楽しませてもらった。
もし本当に戦争だったら、やっぱ恐いかもねぇ。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 08:05| Comment(8) | ■仁井田駅の風景から | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

富士山★

富士山
【富士見台の眺め】  鴻野山駅 徒歩10分 

こちらは台新田展望台から仁井田、宝積寺駅方面の眺め、
地元では別名・富士見台とも呼ばれている場所です。

その云われのとおり
冬晴れの夕刻には、遥か遠くに「富士山」の遠景を望むことができます。

今朝の気温は氷点下−5℃の底冷え、
年間の最低気温を更新する時季になると空気が澄んで富士山の眺望が期待できるそうです。

16:40頃 撮影'10/01/16
富士山

この日のちょうど日没前、
矢印↓のところに富士山が薄っすらと見え出しています。

16:44頃
富士山

そして16時51分の日没をむかえると、
地平線の裏側へ太陽が沈み富士山のシルエットが浮かび上がるはずです。

下の写真は、日没の瞬間をとらえたもので、
すでに空が真っ赤に染まり富士山の影がはっきりと見え出しました。

16:51頃
富士山

早速、カメラに望遠レンズを装着しフォーカスは無限遠へ
ファインダーをのぞくと地平線上には富士山の輪郭がくっきりと現われています。
この日は、風・雲・陽炎が無く絶好のコンデションだったようです。

富士山の中腹には雲がたなびき、その雲の右下は栃木市にある大平山の山並みも見えます。
もしかして、これが朝焼けならば富士山の雪渓が見えたかも知れません。

16:54頃 望遠450mm相当
富士山

こちら↓は、すぐ近くにある仁井田バイパスの交差点から、
信号待ちの間、カメラを取り出し車窓から手持ち撮影したものです。
小さい富士山ですが肉眼でもはっきり確認できました。

17:05頃 望遠300mm相当
富士山

台新田展望台から見える日本一の富士山の眺めは、それは見事でした。
まさか高根沢から見えるとは、明日は家族で見に来よう!

--- 番外編 ------
埼玉県熊谷市行田市の富士見工業団地にて
このあたりでは、冬晴れの朝になると日常的に富士山が見えるそうです。
この日の富士山は、東北自動車道・佐野ICより以南の地域で見ることができました。

撮影'10/01/24 8:30ごろ 
富士山


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 台新田展望台

posted by 旅からす at 00:05| Comment(17) | ■仁井田駅の風景から | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

秋の稔り

みのり
【稲刈り始まる】  鴻野山→仁井田駅 撮影'09/09/06

米どころ高根沢では、9月になると稲刈りが始まる。
休日の朝、仁井田駅近くまで散歩したら稲刈り現場を見つけました。

稲穂

今年の夏は、全国各地で日照不足や異常低温が観測され
米の収穫量が心配されます。

しかし、この辺りの影響は少なく
稲穂のこうべも充分に垂れて豊かな収穫が期待できそうです。

遠くに仁井田あさひ高架橋を望む
みのり

決死の覚悟で仁井田あさひ高架橋上から撮影
みのり

ちょうど市の堀用水の大穀倉地帯を一望できる場所があります。
そこは、仁井田あさひ高架橋です。

自動車の往来が激しくて危険なところですが、
ここから見える黄金の景色は、それはそれは絶景なのですよ。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地

posted by 旅からす at 14:00| Comment(2) | ■仁井田駅の風景から | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

藪カンゾウ

ヤブカンゾウ
【藪カンゾウ】 仁井田→鴻野山駅 撮影'09/07/11

沿線のそこらじゅうに咲いているオレンジ色のヤブカンゾウ。
白いアブラムシが付いたりで見た目は、少々気味が悪いのですが、
昔からパーフェクトな食物なのだそうです。

ヤブカンゾウ

山野草の雑誌には、
若葉は塩ゆでし、おひたし、あえもの、味噌汁、すき焼きなど、
蕾は天ぷら、塩漬け、貯蔵山菜として
花はサラダの彩り、砂糖で煮付けてジャム、花酒もよし。
乾燥した根は利尿薬、蕾は解熱に効果があるそうです。

ヤブカンゾウってすごいゾゥ。
食べ物が豊富な今は、誰も見向きもしませんが....


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地

posted by 旅からす at 16:23| Comment(2) | ■仁井田駅の風景から | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

梅雨葵

立葵
【梅雨葵】 仁井田→鴻野山駅

初夏をイメージする「立葵(たちあおい)」、梅雨時に咲くので「梅雨葵」ともいいます。
一茶の交友である夏目成美は、

“ 咲き登る 梅雨の晴れ間の 葵かな ”

と詠み....花が下から上まで咲き登ると梅雨が明けるのだそうです。

立葵2

この「立葵」もそうですが、
「木槿(むくげ)」や「芙蓉(ふよう)」、「凌霄花(のうぜんかずら)」も、
夏の花は、どれもこれもハイビスカスの形に似ていると思う。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地

posted by 旅からす at 08:59| Comment(0) | ■仁井田駅の風景から | 更新情報をチェックする


▲ TopPage


Copyright (C) からせん縁起駅舎の旅/七福神めぐり 2004-2015 All Rights Reserved.