2018年09月28日

きのこの山

彼岸花
【森田地区】  滝→小塙駅


誰でも馴染みのあるチョコスナック
明治製菓の「きのこの山」というお菓子、

どこか?親しみのあるネーミングで
販売から43年もたった今でも人気の商品です。


撮影'18/09/19
彼岸花


二人の娘たちも大好きなお菓子のひとつで
きのこの山 と たけのこの里 を1個ずつ買ってあげて
私は、それぞれ半分ずつ、つまみ食いさせてもらいました(笑)


小塙→滝駅
彼岸花


長年の間、どちらが美味しいのか?
きのこ派vsたけのこ派の国民総選挙をしたり

さらなるファン層を拡大するため
ビターな大人味やフレーバー味に進化させています。


----


涼しくなり秋雨前線が通過するころ
沿線の山の中は本ものの「きのこ」だらけ、


彼岸花

彼岸花

彼岸花 タマゴタケ


派手な色にも関わらず、
バツグンに美味しいキノコです。



烏山線撮影地



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 18:05| Comment(2) | ■小塙駅の風景から | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

秋分の日

彼岸花
【ひがんばな】  滝→小塙駅


今日は「秋分の日」、ご先祖様を尊び
お墓まいりをして、亡き人をしのぶ日です。

そこで数世代前の先祖名をたどってみると
わが家の意外なファミリー・ヒストリーがわかった。


撮影'18/09/19
彼岸花


かつて新聞記事の特集「栃木の名字」に掲載され
自分の姓は北陸地方の出身であろう、と謎解きされていた。

その記事を受け、親類らが追跡調査をしたところ
富山県砺波市あたりに姓名に由来する物証を見つけた。


彼岸花


そして長女娘と我が家のルーツさがし旅へ
ご先祖様が住んでいたという場所に行ってみよう。


砺波平野
彼岸花


このあたりから、はるばる栃木へやってきたらしい。
そこは砺波平野に数千もの屋敷林が点在する絶景だった。


----


<編集後記>
トップの写真は沿線で一番の山深いところ
鬱蒼とした森の中から列車が顔を出すシーンです。



烏山線撮影地



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 07:48| Comment(0) | ■小塙駅の風景から | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

ひがんばな

彼岸花
【猿久保田んぼ公園】  滝→小塙駅


昔の人は良く言いあてますね。
暑さ寒さも彼岸まで、、という言葉どおりで

あれほど暑かった夏も、どこへやら
今日は朝から肌寒くて11月上旬の気温という。
(本日の最高気温18.6℃、宇都宮気象台)


撮影'18/09/19
彼岸花


子供のころ、母親から「彼岸花は摘むな」と云われ
家に持ち帰ると火事になる、と子供心に信じていました。

その理由は彼岸花に毒があるからで
毒花の正体を知ったのは大人になってからです。


【ハンノキ林】
コスモス
公園の管理者が彼岸花を植えたようです。


彼岸の入りに合わせたかのように
沿線各地では彼岸花が満開を迎えています。



烏山線撮影地



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 18:32| Comment(0) | ■小塙駅の風景から | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

ヤブカンゾウ

ヤブカンゾウ
【秘境駅】  小塙駅構内より


小塙駅は沿線で一番の秘境駅
俗にいう秘境の度合いは少ないけれど

国道や県道、バス路線なんて並走せず
周辺にはお店も皆無で清涼飲料水の自販機すらなし。
(森田宿のところに1か所あるのみ)


撮影'18/07/09
ヤブカンゾウ
大金→小塙駅


小塙駅の1日の平均乗車客数は、
たったの11人(県統計年鑑2011年)しかおらず
その、ほとんどがお年寄りか大金駅に通う小学生です。


撮影'18/07/10
ヤブカンゾウ
小塙→滝駅


駅前には「公衆電話ボックス」が設置してあり
もし携帯電話を忘れたり、電池がきれても大丈夫です
でも水だけは絶対に忘れないでね。



烏山線撮影地



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 12:58| Comment(0) | ■小塙駅の風景から | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

ホタル狩り

ホタル
【ハンノキ林】  滝→小塙駅


この時季、沿線の田んぼや水辺に行くと
自然に発生した天然のホタルを観察できます。

そこでホタルが飛びそうな夜をねらって
夏の風物詩である「ホタル狩り」をしてきました。


撮影'18/06/22
ホタル
猿久保たんぼ公園


まずは薄暗くなるのを待ち
草むらの中で光るホタルを見つける


19時45分ごろ、草むらで光る
ホタル


あたりが真っ暗になると飛行開始
最初は単独だが、そのうち数匹の群れとなる。

光の軌跡が交差したり、急降下したり
幻想的な光景に、しばし見とれてしまいました。


20時00分ごろ、単独飛行をはじめる
ホタル


沿線各駅から行けるホタルの鑑賞スポットを次に要約します。
仁井田駅の伏久、鴻野山駅の宇井、大金駅の曲畑、小塙駅の森田あたり

いずれの地域も6月中旬の最盛期になると
1視野あたり概ね10匹程度のホタルを観察できます。


20時15分ごろ、乱舞
ホタル


私が幼少の頃は、そこらじゅうにホタルがいましたが
のちに農薬の空中散布がありホタルの数が激減してしまった。
さらに圃場整備により人工河川となり生息環境を失ったように思います。


ホタル


ホタルは環境のバロメーターと云われています。
沿線にはホタルが舞う清らかな場所が少しだけ残っています。
こうした自然をいつまでも大切にしたいものですね。


----
撮影後記

一枚目は猿久保たんぼ公園のハンノキ林です。
この写真にホタルの飛行軌跡を合成しようと試みました。

しかし2時間以上も、ねばって一匹も飛来せず
ホ、ホ、ホタル来い、こっちの水は甘いぞ!と何度もつぶやきました。



烏山線撮影地



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 13:05| Comment(0) | ■小塙駅の風景から | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

夏至

夏至
【夏至の日】   小塙駅構内


きょうは 夏至 です。
写真は小塙駅発18:56のからせん↑

この時季は昼の時間がもっとも長いため午後7時になっても明るい。
なので宵の口までアクティブに沿線風景の取材ができる。
なんだか得した気分です。


撮影’18/06/21
夏至
夏至
滝→小塙駅


次の列車時刻 19:57 が来るまで待つこと1時間、
カメラのセンサを通すと、まだ天空の色が蒼いんだよね。



烏山線撮影地



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 23:04| Comment(0) | ■小塙駅の風景から | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

まだ冬景色

ハンノキ林
【冬景色】  滝→小塙駅


ピョンチャン・オリンピックが真っ盛りですが
日本人選手の大活躍のたびに感動と興奮をもらいました!

メダル獲得の宣言をして本番で実力を発揮し
本当にとってしまう度胸とメンタルの強さに脱帽です。


撮影'18/02/23
ハンノキ林


さて2月の後半ともなれば少しずつ春の気配がして
梅の蕾もほころび球根類が土から芽を出す頃なのですが

今年の寒さは厳しくて1月に降った大雪が
ひと月たっても残雪となり冬景色のありさまです。


ハンノキ林


今朝も薄っすらと雪が積もって
また少し春が遠のく....春が待ち遠し。


------


ここからは番外編の旅カメラ
今回は「讃岐うどん」で有名な香川県の旅へ

こと電に乗って香川県の名所めぐりと
本場、四国のうどんを食べ歩きしてきました。


ことでん(高松琴平電気鉄道)
うどん
高松築港駅−琴電琴平駅 32.9km 22駅


まずはミシュラン観光ガイドで最高評価の
3ツ星★★★を獲得したという名勝「栗林公園」へ


栗林公園
うどん
うどん


そして「こんぴらさん」の愛称で親しまれる
開運スポットの神社、金刀比羅宮(ことひらぐう)へ


金刀比羅宮への階段
うどん


本宮への上り階段はヘトヘトに疲れ果てますが
苦労した人を皆、しあわせな笑顔にさせてくれますよ。


うどん
うどん




 資生堂パーラー
 神椿 kamitsubaki

 1F カフェ
 2F レストラン

 神社内にオシャレなカフェで
 ひとやすみ



由緒ある神社で本格的な神前挙式に立ち会う
大正時代へタイムスリップしたような結婚式でした。


しあわせさん
うどん
うどん


うどん県 それだけじゃない アート県かがわ
併設のカフェから瀬戸内海を眺めていると時間が経つのも忘れそう
(美術館なので写真は遠慮しました)


香川県立東山魁夷せとうち美術館
うどん
うどん


瀬戸内海をまたがる本州四国連絡橋
瀬戸大橋群の大パノラマに圧倒されました。


瀬戸大橋
うどん


そして最後は瀬戸内海に沈む夕日のシーン
心身をリフレッシュ!して明日への活力をもらう。


瀬戸内海航路
うどん
うどん
うどん


どの店も茹でたての うどん を提供し
適度な軟らかさとコシを持つ麺が特長的でした。

さらに、出汁つゆや卵をかけると美味しさ倍増ですが
醤油だけでも、ほのかな「甘味」を感じることを知りました。


釜玉うどん
うどん


(覚書)
@高松市・うどん市場→かけ180円
A高松市・うどんバカ一代→かけ290円
B高松市・山越うどん店→釜玉200円
C高松市・上田製麺所→かけ200円
D高松市・上原屋本店→かけ250円
E琴平町・虎屋→かけ450円
F琴平町・こんぴらうどん工場併設店→しょうゆ150円
G琴平町・中野うどん学校→かけ350円
H坂出市・やなぎ屋→ざる250円
I高松市・ホテル朝食→うどん食べ放題



烏山線撮影地



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。


posted by 旅からす at 20:34| Comment(0) | ■小塙駅の風景から | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

雪のハンノキ林

ハンノキ林
【雪の遊歩道】  滝→小塙駅


沿線は極寒の極み

立春なのに春の気配なし


撮影'18/02/01
ハンノキ林


こちらは猿久保田んぼ公園のため池
自然の地形を利用した「せき止め湖」です。

連日-10℃以下の厳しい寒さにより
ため池は全面氷結し、まるでスケートリンクのよう。


【ため池】
ハンノキ林
右手前は放流口


この水源を利用して植生しているのが
公園のシンボル・ツリーであるハンノキ林

ハンノキの群生林には遊歩道↓が整備されており
木道を歩くと自然を満喫できて楽しい気分になれますよ。


【ハンノキ林】
ハンノキ林


昼間の列車は2時間間隔の運転なので
暖かいコーヒーを淹れて、のんびりと列車を待つ。


----


さて取材中のできごと、5月の連休中に
ここ猿久保田んぼ公園の遊歩道↑で拾ってきたもの

ダンボール箱に入れて捨てられた二匹の子猫たち
白猫が生まれたので無責任な飼い主に捨てられたのだと思う。


生後7日程度、体重120g
ネコ
開眼まもない乳飲み仔猫


見つけた時は冷酷に「運命だよ」と一度は見捨てたけれど
翌日、どうしても気になり様子を見に行くと、まだ生きていた。

じっとして動かず死を待っているかのよう
このまま放置すれば今夜中にも衰弱死するだろう。


鈴なし→ソラ、鈴あり→マメ
ネコ


そこで家族に相談したら命を救おうと
一命をとり止めたら責任をもって飼ってあげようと

母猫の代理がつとまるのか不安でしたが
こんな人なつこい甘えんぼうな猫に成長しました。


白猫ブルーアイのそらまめ
ネコ
インスタグラム #白猫


二匹は遺伝的なブルー・アイの白猫で
ピュアな白毛とピンク色の耳肌、透きとおる青目をもち
見惚れてしまうほどの神秘的な姿を見せてくれます。


ソラ
紅梅
ネコ
紅梅
マメ


マメは生まれながらの聴覚障害をもつけれど
触ればゴロンゴロンして積極的にスキンシップしてきます。
光の影にジャレることから視覚器官がするどいような気がします。

またソラに怒られても近寄るのでケンカになりません。
無邪気で奔放な性格のため、やや肥り気味なところが心配ですね。


マメ(聴覚障害あり)
ネコ


自然界の白猫は目立つために短命らしいのですが
大事に家飼いし責任を持って育てあげたいと思います。

そらまめの成長記録に興味のある方は
インスタグラム「白猫ブルーアイのそらまめ」へ

生後10日前後から1歳まで、 白猫を拾ったら綺麗な美猫に育ちました。
https://www.instagram.com/aome.shironeko/



烏山線撮影地




<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる



只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 07:08| Comment(4) | ■小塙駅の風景から | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

ひがんばな

ひがんばな
【ひがんばな】  小塙→滝駅

NHK朝の連続ドラマ「ひよっこ」が
今週末30日の放送で最終回をむかえる。

庶民的で地味なストーリーだけれど
毎朝ヒロインのみね子チャンを応援していた。

撮影'17/09/13
ひがんばな
【猿久保田んぼ公園】

その理由はドラマの舞台設定が沿線に近いこと
さらに方言も通じるところがあり親近感を覚えてしまう。

乙女たちの堂々とした茨城弁丸出しの「だっぺ!」が
とっても可愛くて魅力的な表現に聞こえた。

ひがんばな

茨城弁のガンバッペ、イガッタ、ごじゃっぺ...etc
栃木弁も似たような方言なのです。

撮影'17/05/07
ひがんばな

那須烏山市と隣接する栃木〜茨城県境付近には
のんびりとした田舎里山の雰囲気を醸すところが点在し

県境付近の風景
ひがんばな

今でもボンネットバスが通りそうな
昭和時代の名残りがそこかしこに残っている。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 11:15| Comment(0) | ■小塙駅の風景から | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

彼岸花

ひがんばな
【ひがんばな】  滝→小塙駅

今日は秋分の日
まだ涼やかな秋風は感じられませんが
半袖のシャツでいられるうちは夏の気分かな?

ひがんばな 

秋きぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ おどらかれぬる
現代訳: 秋が来たと目にははっきりと見えないけれども風の音にはっと気づいた。
≪古今和歌集 藤原敏行≫

風の音で秋の気配を感じられる
昔の人は、なんて繊細なのでしょう

【ツクツクホウシ】  撮影'17/09/17
ひがんばな
庭先の雑木にて

9月の半ばをすぎるころ庭先では
ツクツクホウシ↑だけが、ひとり鳴きしている。

いつのまにかアブラゼミやヒグラシがいなくなると
もう夏も終わりだなぁ、と寂しくなってしまう。

撮影'17/09/15 06:43
ひがんばな

暑さ、寒さも、彼岸まで!
明日からは秋がさやかに見えて風の音に驚かされるかも

夏の名残りを惜しみつつ、季節は秋へ

----

沿線に咲く曼殊沙華(マンジュシャゲ)
お彼岸の頃になると満開を迎えるので別名ヒガンバナ、
今年の夏は気温が低めだったので開花が一週間ほど早いです。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 11:12| Comment(0) | ■小塙駅の風景から | 更新情報をチェックする
EV-E301EV-E301

▲TopPage
EV-E301