2018年08月19日

江川の地形

江川の地質
【江川】  小塙→滝駅


こちらは滝駅手前の「江川の流れ」です。

ゆったりとした流れのはずなのに
川面の水流が乱れて渦↑を巻いている。
きっと水中に障害物のようなものがあるのだろう?


撮影'18/08/18
江川の地質


その理由を確かめるために
橋の上から川床の様子を観察すると


橋直下の川底
江川の地形
単なる大きな石と思っていたら...


川底には、とてつもなく大きな石があって
石の表面は浸食されて割れ目のような溝ができている。
水流を乱す原因は石の割れ目にあると思う。
(その原理はカルマン渦かもね)


そして新たな疑問が、もうひとつ
なんで川底に巨大な石があるのだろう?


撮影'18/08/18
江川の地質
龍門の滝


そのカギを解くヒントが「龍門の滝」にある。
ここは高さ20mもの巨大岩盤が露頭しているところ


滝の上を走る烏山線(早朝の1番列車)
江川の地質
巨大岩盤の露頭


川底の正体は、この岩盤に違いない!
見れば見るほど不思議な江川の大地(geo)です。


------


日本列島を東西に分断する割れ目を見学するため
新潟県糸魚川市のフォッサマグナ・パークへ行ってきました。

ここは地球規模で動く二つの巨大プレートが
大地溝帯の糸魚川−静岡構造線でぶつかるところ


フォッサマグナ・パーク
江川の地質
←西日本の古い地質、→東日本の新しい地質、その中間は破砕帯


この力が日本アルプスの造山につながるという
なんだか壮大な大地のロマンを感じてしまいます


jr小糸線・根知駅とキハ120
江川の地質
早朝の一番列車、遠景は日本アルプスの白馬岳


パークへはjr小糸線で根知駅下車
日本列島の大地溝帯を走る秘境の路線です。



烏山線撮影地



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 20:59| Comment(0) | ■滝駅の風景から | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

太平寺のかたくり

かたくり
【かたくり】  滝駅下車・徒歩5分  滝→烏山駅


こちらは春の妖精「カタクリ」です。

可憐な花が太平寺境内に群生しています。


群生地の様子
かたくり


カタクリの花は咲くまでに最短で7〜8年もかかり

1年目はツンと芽を出し2〜6年目は葉を1枚だけ出すのみ


撮影'18/04/01
かたくり


時間をかけて、じっくりと球根に栄養をため

わずか2〜3日余りで花の命を閉じる、、、儚いですね。


かたくり


地上に姿を見せて2ヶ月で姿を消し
残りの10ヶ月は地中で休眠するという。

全国のレッドデータブックの記載によると
16の都道府県で準・絶滅危惧種に指定されています。


撮影'18/04/01
かたくり


今が見ごろ
是非、ご鑑賞あれ


-----


本日から6月30日まで
栃木デスティネーション・キャンペーンが始まります。

この企画はJRグループ各社と地域(県市町・住民・企業など)が協働で取り組む
国内の最大規模の観光キャンペーンです。

すでに先行してJR東日本のCM「大人の休日倶楽部」で
女優の吉永小百合さんが出演する「黒羽の芭蕉編」が流れています。


tochigiDC.png 栃木ディスティネーション・キャンペーン


この期間中にJRは観光列車を走らせJR烏山線を含む
県内4路線の駅スタンプを集めると景品がもらえるそうです。

自治体のイベントや参加企業の割引サービスを実施し、
栃木の「花」「食」「温泉」「自然」「歴史・文化」をテーマに
栃本が誇る本物の魅力と最高のおもてなしを受けられる特典付きです。

この機会に本場の餃子を食べに宇都宮へ
ついでに烏山沿線へも、お出かけくださいませ。



烏山線撮影地



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 18:00| Comment(1) | ■滝駅の風景から | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

大平寺の紅葉★

大平寺
【太平寺】  滝駅から徒歩10分

勤労感謝の日(11/23)を基準にして
紅葉の進み具合を早いとか、遅れてるとか
....

撮影'17/11/12
大平寺

季節の流れを、そう表現したりしますが
ココ、大平寺の紅葉はどちらかというと「早め」かな。
いつもなら12月まで楽しめるのに。

撮影'17/11/19
大平寺

紅葉のピークは一週間ほど早く
素晴らしい紅葉を見せてくれました。

大平寺

基準日11/23の朝は全部落葉し
天の紅葉は冬枯れの寂しさへ転じ

地の紅葉は散モミジの艶やかさへ
ひと時ながら「逆転美」の景色です。

大平寺

今年は冬の到来が早いのかも?


烏山線撮影地(今回は列車なしの風景です)



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 08:15| Comment(0) | ■滝駅の風景から | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

龍門の滝

龍門の滝
【滝水公園】  滝駅から徒歩10分

最近、沿線を取材していると
外国人観光客を見かけることがある。

こんな不便な田舎まちへ
どうやって観光情報を得て来たのだろう?
とても気になる。

撮影'17/11/19
龍門の滝

昨年の訪日外国人観光客数は過去最高の2000万人で
今年は、それを上回る勢いという。

そのうち半数が中華系(中国、香港、韓国人)の観光客で、
日本文化やもの珍しさを求めて個人旅行する傾向にあるそうです。

龍門の滝

街中を歩くと標識が外国語併記だったり
外国人向けの無料のWiFiスポットが整備されたり
(FREE-WiFi:山あげ会館・龍門ふるさと民芸館・大金駅前観光交流施設内等)

観光案内を目的とした当ブログも、そろそろ
外国向けのインバウンド対策が必要なのかも知れない。
インバウンド(inbound)とは外から中へ訪日する外国人観光客を集めることを意味します。

撮影'17/11/19
龍門の滝

烏山駅からレンタサイクルに乗って、やってきた中国人の若者たち↑
すれ違いざまハローと挨拶したらニイハオと返してくれた。
それだけでも気持ちいいよね。

----

いよいよ紅葉取材も終盤となり綺麗な紅葉を楽しめるのもあと少しです。
休日は観光客でひっきりなし、駐車場がいっぱいになるほどの人気ぶりでした。


烏山線撮影地



只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる

posted by 旅からす at 17:39| Comment(2) | ■滝駅の風景から | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

蛇姫橋の紅葉

蛇姫橋
【蛇姫橋】  滝駅から徒歩10分  滝→烏山駅

江川に架かる「へびひめばし」の紅葉、
モミジの大木が真っ赤に色づき始めました。

アーチ式の蛇姫橋は
中世ヨーロッパ風のモダンなデザインで
紅葉の時季は、とってもフォト・ジェニックですよ。

蛇姫のモチーフ
蛇姫橋

ここで蛇姫橋の名前の由来について調べると
蛇姫とは烏山城主・大久保忠胤の四女「於志賀」のこと

蛇姫橋

■■■蛇姫伝説■■■
昔、烏山城に姫様がいて、いつも傍に侍女が仕えていた。
ある時、家老が謀反をおこし姫様を殺そうとした。
侍女は姫様をかばって殺されてしまうが、
白蛇の化身となって姫様に身の危険を知らせた。
という、おはなし。(日本昔話TVより抜粋)

姫様がピンチの時に白蛇があらわれて
災難から救ったという伝説にちなんだもの。

撮影'14/11/11
蛇姫橋

それにしても蛇姫橋とは
ちょっと不気味なネーミングですね


烏山線撮影地




<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 10:52| Comment(3) | ■滝駅の風景から | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

レインボー

竜門の滝
【龍門の滝】  滝駅から徒歩10分

文化の日は晴れの特異日で
高い確率で「秋晴れ」になるらしい。

そこで 滝+列車+虹 のコラボを撮影するため
いざ龍門の滝へ、うまく撮れたらいいなぁ!

撮影'17/11/03
竜門の滝

最初の条件クリア
案の定、虹が架かっている!

かねてから滝の落水により虹を見かけるので
きれいな虹が見えるときの諸条件をしらべると

太陽と人と虹の関係
虹

@水しぶきの上がる適度な水量があること
A蒼い空と強い陽射しの快晴であること
B太陽と自分と虹の位置が一直線になるような対日点を見つける(図示)
C列車の通過時刻と太陽角度を見はからう

以上の4条件が合致すれば

竜門の滝

細かな水粒子が光を反射して
レインボー・カラーが見えるはず....キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


烏山線撮影地



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。
posted by 旅からす at 14:43| Comment(0) | ■滝駅の風景から | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

ネムノキ

ねむの木
【ネムノキ】  滝→烏山駅

梅雨の末期〜明けるころ
ピンク色のネムノキの花が咲きだす。

長く伸びた針状のものは雄しべで
ひと晩だけ咲き翌朝には萎れてしまう儚い花です。

撮影'17/07/09
ねむの木
夕方7時、葉っぱが閉じはじめる

夜になると左右の葉っぱが、
ぴったりと重なり合って閉じることから
あたかも眠っているように見えるので合歓の木(ネムノキ)

ねむの木

そっと花の匂いを嗅いでみると
ほんのりとフルーティで爽やかな香りがする。

【庭先のネムノキ】
ねむの木

ネムノキは土を選び、移植が難しい植物らしい
それゆえ“庭師泣かせの木”と言われているそうです。

庭先へ小鳥がタネを運び、偶然に芽を出した。
花が咲くまで10年はかかるという、気長に育てたいな。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 12:05| Comment(0) | ■滝駅の風景から | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

こいのぼり

鯉のぼり
【鯉のぼり】  滝駅から徒歩10分  滝→烏山駅

お馴染みの龍門の滝とからせん
こどもの日にちなんで鯉のぼりが泳ぐ、

たくさんの鯉のぼりに混じって、
風変わりな「鮎のぼり」を見つけました。

撮影'17/05/04
鯉のぼり
アユのぼり?

鯉のぼりの由来は、そのむかし中国の黄河上流で
鯉が激流の龍門(滝)を登りきり龍になったという伝説から

やがて日本にも伝わり、吹流しやひ鯉、子鯉も加わり
子供の立身出世(成長)を願い鯉のぼりを飾るようになったそうです。

【龍門の滝】
鯉のぼり
滝登り風に撮影 

最近は少子化が原因かもしれませんが
庭先にポールを立てた鯉のぼりを見かけません。

♪ 屋根より高い鯉のぼり ♪
いつまでも伝え続けたいものですね。

----

ここからは武者人形のはなし

甥っ子に待望の男の子が生まれたので
親戚一同が集まり端午の節句を祝いました。

武者人形を飾るのは甥っ子が生まれて以来
30年近くも倉庫の奥にしまっておいたそうです。

【子供大将】
鯉のぼり
マウスオーバーでもう一枚、豪華三段飾り

この世に生を受けて2ヵ月あまりの男の子
まだ60日しか経たないのに、このたくましさ!

ちょっとだけ抱かせてもらった二女娘↓は
赤ちゃんを抱くのは初めてらしく頼りないこと。

撮影'17/05/03
鯉のぼり

明るいママと優しいパパに
愛をいっぱいもらって大きく育ってね!


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。


posted by 旅からす at 17:22| Comment(0) | ■滝駅の風景から | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

ラーメン屋の窓風景

龍門の滝
【龍門の滝】  滝駅から徒歩5分 烏山→滝駅

日本三大名瀑のひとつ?
茨城県大子町にある「袋田の滝」が、
6年ぶりに氷瀑したというニュースが流れる。

「袋田の滝」は隣県の隣接町なので
「龍門の滝」も氷瀑しているかも知れない。

期待しつつ「龍門の滝」へ行ってみたら
いつもと変わらぬ豪快な落水で氷瀑の気配すらなし。

窓風景 らぁめん花

というわけで滝の水しぶきを浴び
冷え切った体を温めようと「らぁめん花」へ

窓風景

味噌ラーメンの味は文句なし、
食べなれているお気に入りの麺です。

撮影'17/02/05
龍門の滝
ラーメン屋の窓風景

奥座敷に陣取り列車の通過時刻を待ち
ラーメン屋の窓から見える沿線風景を撮影する。



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 00:00| Comment(0) | ■滝駅の風景から | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

滝の紅葉

滝の紅葉
【滝の紅葉】  滝駅下車徒歩5分 

沿線の見どころのひとつ、
江川にかかる「龍門の滝」の清水公園です。

連休中は名残の紅葉を楽しむため
ひっきりなしに観光客が訪れていました。

滝の紅葉

ここは烏山線の鉄道ファンにとって見逃せないところ
この時季限定の滝と列車と紅葉の三つのコラボ撮影ができます。

滝の紅葉

ほら↓、こんな具合にね。
列車が上半分途切れてるのは、ご愛嬌ってことで。

撮影'15/11/15
滝の紅葉

もうじき紅葉の季節も終わりとなり
沿線は少しずつ冬景色に変わろうとしています。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 12:55| Comment(2) | ■滝駅の風景から | 更新情報をチェックする
EV-E301EV-E301

▲TopPage
EV-E301