2021年02月28日

ひなまつり

紅梅
【ひなまつり】  大金→鴻野山駅  撮影 2021/02/28


もうすぐ桃の節句、ひな祭りです。
わが家ではシンプルに「親王びな」を飾って
娘たちの健康としあわせを願うことが習わしです。


親王びな
ひなまつり
ひなまつり
伝統工芸士・岡田栄峰作


いつか娘たちが嫁入りしたら
その役目を果たしたものと考えています。


おひな様
ひなまつり
ひなまつり
上品なおすべらかしと十二単


そして日本の良き伝統行事である
ひな祭りを次の子供たちへ伝えて欲しいな、と願っています。



烏山線撮影地



只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 00:00| Comment(0) | ■大金駅の風景から | 更新情報をチェックする

2021年02月23日

群生ホトケノザ

ホトケノザ
【早春の雑草】  宝積寺→下野花岡駅


ずっと前から気になっていた雑草花、
可憐なホトケノザの群生が花ざかりです。


撮影 2021/02/20
ホトケノザ
ホトケノザ


早いものは1月中旬のころから咲きはじめ
陽射しのさす線路の南斜面をピンク色に彩っています。


撮影 2021/02/20
ホトケノザ
もうじき斜面↑いっぱいに広がるでしょう


見向きもされない可哀そうな雑草ですが
毎年、同じ場所に群生するので愛着が湧きます。



烏山線撮影地



只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 00:00| Comment(0) | ■下野花岡駅の風景から | 更新情報をチェックする

2021年02月13日

白梅

白梅
【白梅】  大金駅→小塙駅


気象庁は4日、
関東地方に春一番が吹いたと発表、
南風が吹いたのなら、もう春じゃね〜の!


撮影2021/02/07
白梅
白梅
上の花は2〜3部咲き


というわけで
春を探しに沿線をパトロールすると
早くも陽だまりに白梅の花を見つけました。


陽だまりの白梅
白梅
下の花は0〜1部咲き


やっぱり梅が咲きはじめると
なんだか気分がウキウキしてしまう。


----


こちらは「蝋梅(ロウバイ)」です。
英名は ”Winter sweet”
冬の甘い香り、というそうです。


撮影 2021/01/30
蝋梅
蝋梅のトンネル


ブルーの空をバックにして撮影すると
ほら〜ッ、イエローカラーが映えること、
もう夢中でシャッターを切りまくり。


羽黒山山頂公園にて(となり町の宇都宮市)
蝋梅
蝋梅
幾重にも重なる花びら


まだまだ真冬の季節なのに
ひとあし早い春を感じました。



烏山線撮影地



只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 17:53| Comment(0) | ■大金駅の風景から | 更新情報をチェックする

2021年02月07日

築堤風景

築堤風景
【築堤風景】  下野花岡駅→宝積寺駅


この築堤を見つけたのは小学1年生のころ、
毎朝の通学路から、この築堤風景がチラリと見えるところがあり、
たまにオレンジ色の列車を目撃することから気になるエリアとなっていた。


撮影2021/02/03
築堤風景
宝積寺段丘へつながる長大な築堤


そこで冒険心を掻き立てられ、ある日のこと
勇気を出して「第一氏家街道踏切」のところへ
烏山線の列車と築堤風景を確認しに遠出した記憶がある。


烏山線と鉄塔
築堤風景
鉄塔は昭和50年ごろ乱立し、写真は栃山線(新栃木変電所から小山変電所へ)


列車の通過時刻が来るまでは
同級生(美人姉妹)宅で暇をつぶし
庭先の目の前で列車が見れて羨ましかった。


宝積寺段丘との接点
築堤風景
築堤直下ではフナ釣りをして遊んだ


小学生のころは行動半径が狭くて
遊びに行ける北限は、この築堤付近まで。


----


写真のような土木構造物の名称を
土木用語では盛土(もりど・もりつち)、
鉄道用語では築堤(ちくてい)というそうです。
同様に河川は堤防(ていぼう)、ダムは堤体(ていたい)と
構造用途に応じて呼び方もいろいろ。



烏山線撮影地



只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 16:51| Comment(0) | ■宝積寺駅の風景から | 更新情報をチェックする
EV-E301EV-E301

▲TopPage
EV-E301