2021年03月06日

フクジュソウ

福寿草
【フクジュソウ】  大金→鴻野山駅


寒く厳しい冬を耐え抜いて
雪どけのころに地面から顔を出し
いち早く春を告げるフクジュソウです。


撮影 2021/02/20
福寿草
種から咲くまで7〜8年もかかるそうです


雪とフクジュソウ with からせん
この素敵な組み合わせを撮影するため
2月上旬から里雪を期待していたのですが


福寿草


なかなか雪は降ってくれません
しびれをきらし雪なしでアップします。

そこで、、、、


----


一年ぶりの番外編です。
今回は福島県喜多方市山都町沼ノ平にある
日本最大規模の福寿草群生地へ行ってきました。


飯豊連峰・主峰の標高2105m
沼の平
目指すは大雪渓の方向へ


家からは車で約3時間あまり、
磐越自動車道・会津若松ICを下車し

雄大な大雪渓の飯豊連峰を目指して
会津盆地をさらに北上し喜多方市の山間部へ。


フクジュソウの群生地
沼の平
喜多方市山都町沼ノ平


群生地付近は、まだ残雪がのこっていましたが
陽射しのさす南斜面には福寿草が咲き始めていました。


撮影 2021/03/10
沼の平

沼の平

福寿草

沼の平

沼の平

福寿草

沼の平

沼の平


雪とフクジュソウの組み合わせ、
日本の早春を彩る素敵な風景でした。



烏山線撮影地



只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

福寿草福寿草
posted by 旅からす at 00:47| Comment(0) | ■大金駅の風景から | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
EV-E301EV-E301

▲TopPage
EV-E301