2007年09月22日

彼岸花

彼岸花
【秋の風物詩】 鴻野山−大金駅

沿線に咲く「彼岸花」は、
突然、アスパラガスみたいな茎がニョキニョキと出たかと思うと、
あっという間に花が咲いて、2〜3日で枯れてしまう不思議な花です。

地蔵
ヒガンバナ
ヒガンバナ 里山を彩る

ヒガンバナから連想するものは、
斉藤隆介・作、滝平次郎・切り絵の「花さき山」を、長女は「ごんぎつね」を思い出すそうです。
人それぞれに、ヒガンバナへの思いがあるのですね。

ヒガンバナ
【華一輪】
ヒガンバナ
ひっそりと咲く、滝駅近く

今日は、ちょうどお彼岸。
暑さ寒さも彼岸まで....のはずなのですが、昼になると気温がぐんぐんと上昇し夏さながらの蒸し暑さ。

ヒガンバナ

土手のヒガンバナを撮影するためには、麦わら帽子・腰タオル・長靴・うちわ・防虫スプレーを装備し、
小川の中に足を突っ込むカメラ・アングルにてベストショットをねらいました。


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


 烏山線撮影地

posted by 旅からす at 15:42| Comment(2) | ■鴻野山駅の風景から | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
野に咲く彼岸花は良いですね。
大群生している彼岸花は少し派手過ぎます。
Posted by シゲ at 2007年10月05日 07:22
またまたコメントありがとうございます。
シゲさんのページも今、彼岸花でいっぱいですね。

秋を彩る印象的な光景なのに....
何故かこの花、私の記憶にはないのです。
写真をやってから彼岸花のことに気づきました。
Posted by mt_crow at 2007年10月06日 01:05
EV-E301EV-E301

▲TopPage
EV-E301