2019年10月26日

柿の日

柿
【柿】  鴻野山→仁井田駅


カキは日本の「国果」らしい。
日本を代表する果物というわけですが、


撮影'19/11/27
柿


渋柿は不味いし、干柿は白粉のところがダメ
熟柿のトロっとした食感が苦手という人もいます。

どちらかというとミカンやナシの方が
馴染みの果物なので「国果」らしい気がする。


柿


とは言え10月26日は柿の記念日で
俳人の正岡子規が「柿くへば 鐘が鳴るなり 法隆寺」、
という俳句を詠んだ日が、その由来とされています。


柿


秋が深まり柿も色づき食べごろの時季でもあります。
私はカキよりも、お菓子の柿のタネの方が好きですけどね。



烏山線撮影地



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。




----
posted by 旅からす at 22:06| Comment(2) | ■仁井田駅の風景から | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

丸葉朝顔

アサガオ
【マルバアサガオ】  仁井田駅構内


散歩中に変なアサガオを見つける。
季節おくれのアサガオかも?、秋の花なの?
可憐な紫花はヒルガオかも?、薄色のピンクのはず!
もしかしたらヨルガオかも?、と想像したり
葉っぱの形が丸くて変だな?、と疑問をもち、


撮影'19/09/15
アサガオ
線路の北側にも、昼すぎまで咲いている


仁井田駅のベンチにすわり調べてみると、
これから日が短くなるにつれて花芽をつける
西洋渡来の丸葉朝顔(マルバアサガオ)という短日性植物、
秋分の日〜10月にかけて満開状態になるそうです。


丸葉朝顔
アサガオ
手前のコキア花壇もこのとおり


ちょっとちょっと
舶来種のマルバアサガオが
野生化して仁井田駅周辺を侵略中、
フェンスに絡まり爆発的に増殖している。



烏山線撮影地


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 18:22| Comment(0) | ■仁井田駅の風景から | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

続・ヒマワリ畑

ひまわり
【続・ヒマワリ畑】  下野花岡→仁井田駅


ちょうど見ごろを迎えたヒマワリ畑です。
ヒマワリの栽培目的は種を取る用途ではなくて
家畜を飼育するため、ヒマワリ牛の飼料というわけ。


撮影'19/09/07
ひまわり
ひまわり
広大なヒマワリ畑、圧巻です


取材日の数日後のこと、
まだ葉っぱが青々と新鮮なうちに
根元からバッサリと跡形もなく
きれいさっぱり刈り取られていました。


撮影'19/09/09
ひまわり


ヒマワリには良質のオレイン酸が含まれ
メタボな肥満牛をスリムにしてくれるのかもね?

ヒマワリはあまり美味しくないので、
トウモロコシと混ぜて食べさせるそうですよ。


烏山線撮影地



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 11:37| Comment(0) | ■仁井田駅の風景から | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

ヒマワリ畑

ひまわり
【ヒマワリ】  下野花岡→仁井田駅


沿線を散歩していたら
偶然に見つけた広大なヒマワリ畑、

夏休みの終わり8月31日に
ちらほら花が咲き始めたばかりで
満開までは、あと一週間ほどかかりそう!


撮影'19/08/31
ひまわり
広大なヒマワリ畑


それにしても
このヒマワリの栽培目的は何なのだろう?
単なる観賞用途?、家畜飼料?、土壌改良?として
それとも種を取り高根沢町の新名産品づくりのヒマワリオイルなど、
何になるのか、とっても気になる!



烏山線撮影地



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 07:58| Comment(0) | ■仁井田駅の風景から | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

カンナ

カンナ
【カンナ】  下野花岡→仁井田駅


夏の暑さにも、びくともせず
色鮮やかな大輪の花を咲かせるカンナ、


昔のオーソドックスなカンナ
カンナ


 記憶の中のカンナは
 赤、黄、オレンジ色の花びら
 ラッパ状のゴージャスな姿形です。

 花を観察してみると
 雄しべと雌しべが見あたらず
 そこで意外な事実を知りました。


カンナ


 カンナの雄しべは6本あり、
 そのうち5本が花びら、
 残りの1本だけ花粉をつけ
 中央にはヘラ状の雌しべあり。



小学生のころ、夏に咲く花といえば、
主役はヒマワリ、カンナ、グラジオラス、アサガオあたりで
脇役はダリア、ケイトウ、ホウセンカ、オシロイバナ等でした。


撮影場所
カンナ
田んぼの畔に植栽されている


麦わら帽子をかぶり外遊びをしていた夏休み
あの頃のカンナは夏を代表する記憶の花であったと思う。


撮影'19/08/10
カンナ
仁井田→下野花岡駅


最近では花の園芸品種が多様化して
昔の夏花たちは見飽きてしまい敬遠されがちなのかも??
わが家の夏花も、しかり↓


モミジアオイ
夏の花

姫檜扇水仙(ヒメヒオウギズイセン)
夏の花

アメリカフヨウ
夏の花

ミニヒマワリ 小夏
夏の花

セージの仲間
夏の花

スモークツリー
夏の花

百日紅(サルスベリ)
夏の花

 
 撮影'19/08/17
 わが家の夏花たち



台風一過の朝、
天気が回復し花盛りです。


----


カンナはローカル線との相性が抜群で
無人駅舎のホームや線路わきに咲いていたら
沿線風景のアクセントとして映えるんだけどな!!


烏山線撮影地



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。
posted by 旅からす at 14:33| Comment(0) | ■仁井田駅の風景から | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

続・富士山の眺め

富士山
【富士山のシルエット】  広角撮影28mm相当


前回と同じ「富士山」の遠景です。

このところ日没時刻すぎになると
地平線の果てに富士山があらわれます。


撮影'19/01/18 17:15
富士山
台新田展望台から富士山の眺め、 望遠撮影600o相当


あかね色に染まった夕焼け空を背景にして
浮かびあがる富士山の姿は、まるで絵に描いたよう。


富士山&からせん
富士山
富士山
上:広蔵寺境内、下:太白神社からの眺め、手前は烏山線


お正月のころはボンヤリと霞んでいましたが
大寒前後になるとクッキリとすそ野まで鮮明になり
この時季ならではの美しい富士山のシルエットが見れますよ。
(前回の記事と比べてください)


鴻野山→仁井田駅(上り) 17:05
富士山
暗部のコントラストを調整しています


名峰・富士は、いつかは登ってみたいと願う、あこがれの山です。
高さ3776mから見下ろす日本一の絶景は実際に登らないと味わえないもの、
ここからの眺めとは全く違う感動に出会えるような気がします。



烏山線撮影地



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 19:19| Comment(2) | ■仁井田駅の風景から | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

コキア

コキア
【コキア】  仁井田駅構内


こちらは仁井田駅のコキアガーデン
紅葉する草として近ごろ人気の草花です。

モコモコとしたキュートな樹形が特徴で
秋が深まるにつれ下から徐々に色づきはじめる。


撮影'18/10/21
コキア
緑と赤のグラデーション


コキアの有益なところは
乾燥させた茎はホウキに、果実は食用として
秋田県名産の「とんぶり」は畑のキャビアとして有名です。
和名はホウキグサと云うそうですよ。


仁井田駅
コキア
「これに乗り遅れたら、やべえ」と言いながら


撮影中のできごと
列車が発車寸前のところへ女子中学生たち3人が駅へ↑
ホームに駆け込んで運転手にアピールすると再びドアが開いた!

次の列車は2時間後だもの必死だよ。
ローカル線ならではの温和なサービスでした。


-----


一度は旅してみたい日本の絶景のひとつ
国営ひたち海浜公園・みはらしの丘へ行ってきました。


国営ひたち海浜公園
コキア
みはらしの丘


32000株ものコキアが紅葉の時季をむかえ
みはらしの丘一面を真っ赤に染め上げています。

人の手による造形した風景ですが
あまりに大規模すぎて言葉にならないほど。


撮影'18/10/22
コキア
コキア
コキア


この風景は圧巻です。
秋の絶景、是非ご覧あれ。



烏山線撮影地



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 00:52| Comment(0) | ■仁井田駅の風景から | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

マルバルコウ

丸葉縷紅草
【丸葉縷紅草】  No.16 第6文挾踏切にて


オレンジ色の可憐な花なので調べてみたら
名前は「マルバルコウ(丸葉縷紅)」という雑草

なんて可愛い花なんだろう!と見惚れている場合じゃない
爆発的に増殖する外来植物で駆除すべき警戒種に指定されている。


撮影’18/10/14
丸葉縷紅草
丸葉縷紅草
丸葉縷紅草
ひとつの花で約1000個もの種子をばらまくそうです


マルバルコウは熱帯アメリカ原産の帰化植物で
国立環境研究所の「侵入生物データベース」によると
分布は中部以南の地域で関東や北陸以北では確認されていない。


鴻野山→仁井田駅
丸葉縷紅草
列車が種子を拾って拡散しているのかも


ところが沿線をパトロールしていると
すでに遅し、そこらじゅうマルバルコウだらけ
(丸葉縷紅)


-----


この日の昼ごろ、突然の大爆音がして外へ飛び出すと
低空飛行のジェット戦闘機が、わが家の上空を旋回している。

最初にF15イーグルの3機編隊が飛来してきて
つぎに対空ミサイルを搭載したF2A戦闘機もやってきた。
いよいよ戦争が始まるのか、と思ったら


F15イーグル戦闘機
戦闘機
米国マクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)開発


ちょうど今、陸上自衛隊朝霞駐屯地で観閲式が行われている。
ここから時速500kmで飛べば約10分で駐屯地の上空へ到着するはず。


F2A戦闘機
戦闘機
わが家の上空を旋回中


このあたりで、ゆっくりと待機飛行をしながら
式典に合わせてジャスト1秒の時間調整をしているようだ。


パイロットの姿も
戦闘機
米国ロッキード・マーチン社F16をベースとした日米共同開発


ジェット戦闘機が次から次へと飛来し
しばし庭先から航空ショーを楽しませてもらった。



烏山線撮影地



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 00:44| Comment(0) | ■仁井田駅の風景から | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

コスモス

コスモス
【台風襲来の前日】  下野花岡→仁井田駅


台風24号の接近によりjr東日本では安全を期して
首都圏の在来線を計画運休し全列車の運転をとりやめ

こんな時に栃木弁では
したっけれ早くかえっぺ。(それじゃ早く帰ろう)


撮影'18/10/01
コスモス
乱れコスモス


台風一過の朝は、始発の上下2本が運休し
午前6時台の二番列車から順次運転を再開した。

こんな時に栃木弁では
だいじだ、からせん動くわ。(烏山線が運行しているから大丈夫だ)


----


<撮影後記>
未明の台風通過により、
まっすぐに伸びていたコスモスの花が....(写真1枚目)
暴風にあおられて足元まで、なぎ倒されています。....(写真2, 3枚目)


台風一過の秋晴れ
コスモス


台風24号一過は猛暑をもたらし
もう10月だというのに夏に逆もどりです。



烏山線撮影地


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 17:38| Comment(0) | ■仁井田駅の風景から | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

ヒマワリ

ひまわり
【ヒマワリ】  下野花岡→仁井田駅


太陽が沈む時刻にヒマワリを観察してみると
ほぼ全部の花が、日の入り方向に背を向けて咲いていた。
一本だけ列車を見ている不埒(ふらち)な奴もいる。


撮影'18/09/10
ひまわり
日の入り


つまりヒマワリの花は
太陽の動きに合わせて回わったりせず
一日じゅう、同じ日出方向の東を見ている。


ひまわり


写真は遅咲きのヒマワリの花
秋のヒマワリは小振りで可愛いです。


----


<向日葵>
太陽に合わせて動くのは成長が活発な蕾の時までで
花が咲くころには成長が止まり固定されるてしまうそうです。



烏山線撮影地


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 18:30| Comment(0) | ■仁井田駅の風景から | 更新情報をチェックする
EV-E301EV-E301

▲TopPage
EV-E301