2021年05月20日

フジの花

やまふじ
【フジの花】  鴻野山→大金駅


沿線では野生のフジが花ざかり、
この時季は、あちこちの雑木林の中で
樹木の幹や枝に絡みつくフジの花を見かけます。


鴻野山→大金駅
やまふじ
やまふじ


たくさんのフジ花が、ぶら下がる姿を見て
クリスマスツリーの飾りのようでキレイなのだけれど、
藪の中に入って根もとを観察すると本当の正体がわかります。


撮影 2021/05/14
やまふじ
やまふじ
小倉、宇井地区にて


勢力旺盛なフジに巻き付けられると
年を経るごとに締め付けが増加していき
やがて養分の伝達が困難となり枯死してしまう。
その無残な姿を、ご覧あれ!↓


その姿は大蛇のよう
やまふじ
巻き付かれると朽ちてしまう


一度からめられたら二度とほどけない
植物界の生存競争、空恐ろしさを感じます。



烏山線撮影地



只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 17:11| Comment(0) | ■鴻野山駅の風景から | 更新情報をチェックする

2021年05月05日

なのはな畑

なのはな
【なのはな畑】  大金→鴻野山駅


平成のはじめのころ、長女と次女が生まれた時に
名前の一部に「なのはな」を連想させる文字を付けて命名しました。
二人とも活発で明るい子になって欲しいという願いを込めて。


撮影 2021/05/02
なのはな
鴻野山駅停車中


案の定、
0才から保育園にあずけて
ほったらかしでも病気ひとつせず、
なのはな、のように元気な子に育ちました。

名は体をあらわす、といいますが
名前のとおりに育ってくれたような気がします。


鴻野山駅北側
なのはな
広大な「なのはな畑」


もし秀という文字を付ければ、たぶん優秀な人になれるかも知れません。
もし愛という文字を付ければ、誰からも愛される優しい人になれるでしょう。



烏山線撮影地



只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 18:28| Comment(2) | ■鴻野山駅の風景から | 更新情報をチェックする

2021年05月01日

宇井地区の水田

宇井の水田
【宇井の水田】  鴻野山→大金駅


5月の連休前、
宇井地区の田んぼに水が入りました。
写真は、しろ搔き直後の様子です。

これから大量の水を引き入れて
土をゆっくり沈降させ、水面が平らになったら
いよいよ本格的な田植え作業が始まります。


撮影 2021/04/26
宇井の水田
代掻きの直後


田植え前、田んぼの水面は
キラキラと鏡のように反射して
青空と里山と鉄道の風景が映り込んで
この時季ならではの水鏡風景が見れますよ。


宇井の水田
宇井の水田
宇井の水田


あとは、お天気まかせ
明日の朝は早起きしよう!



烏山線撮影地



只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 16:57| Comment(0) | ■鴻野山駅の風景から | 更新情報をチェックする

2021年04月01日

こぶしが丘

こぶし
【こぶしが丘】  鴻野山→仁井田駅


那須烏山市のシンボル花は、こぶしです。
市内の野山には白い花のこぶしが点在していて
この時季なら、まず見落とすことはないでしょう。


撮影 2021/03/27
こぶし


鴻野山駅近辺の地名や商標には
「こぶしが丘」や「こぶし台」という名称が使われ
昔から「こぶし」ゆかりの里山であったのかも知れません。


撮影 2021/03/29
こぶし
こぶし、花ざかり


写真は鉄道線路わきの花こぶし、
列車の大きさから、かなり巨大なこぶしです。
この記事を書いているころには葉っぱが出てきています



烏山線撮影地



只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 00:00| Comment(0) | ■鴻野山駅の風景から | 更新情報をチェックする

2021年03月21日

里山の一本梅

一本梅
【里山の一本梅】  大金→鴻野山駅


この時季になると
気になるポイントがあります。
ここらへん↓↓↓


宇井地区
一本梅
一本梅
一本梅
ポツンと一本梅


宇井地区の奥まった場所にポツンと一本梅があり
2月上旬のころ蕾をつけ少しずつピンク色に染まるのです。
冬枯れの景色の中に、ここだけ春色のサイン!


撮影 2021/03/08
一本梅 春色に染まる


遠くから一本梅を眺めると
待ち焦がれた春に期待を馳せて
なんだか心がワクワクしてしまう。


一本梅
一本梅
一本梅


木の下まで近寄ると、
ここだけ春たけなわで、
ひとあし先に甘い香りがして
自然に笑顔がこぼれた。



烏山線撮影地



只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 00:26| Comment(0) | ■鴻野山駅の風景から | 更新情報をチェックする

2021年03月16日

白ウメ、踏ん張る

白梅
【白ウメ、踏ん張る】  鴻野山→大金駅


いつごろ、どうして、
こんなところに植えられたのか?
その理由は、謎だらけ?


傾斜角度45〜60°
白梅
今にも倒れてしまいそう!


この木を眺めていると
ウメ「可哀想なんて心配無用」
ウメ「いじめられてもへっちゃら!」
ウメ「傾いていた方が芸術的で素敵じゃない?」
ウメ「どんな運命にも耐えてみせるさ!」
と無言の返答に勇気づけられる。


撮影 2021/03/07
白梅
途中から枝バッサリ
白梅
根本は4本で密集
白梅
宇井地区のシンボル・ツリー


斜めに傾いて植えられても、
枝をズタズタに切り裂かれても、
成長し続ける姿は頼もしく見えます。
ガンバレ!白ウメ。



烏山線撮影地



只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 17:21| Comment(0) | ■鴻野山駅の風景から | 更新情報をチェックする

2021年03月11日

震災から10年

白うめ
【震災から10年】 鴻野山駅構内


東日本大震災から10年が経過しました。
今でも思い出すたび悲惨な出来事でした。


撮影 2021/03/03
白うめ
鴻野山駅前の白梅


あの日あの時、震度6強の地震により
沿線の高根沢町では建物724棟が全半壊しました。

わが家も、その中のひとつで家屋が被災し
のちに多くの支援を受けて復興を果たすことができました。
ほんとうに感謝です。


白うめ


あんな悲劇的な出来事なのに
震災の記憶は年を重ねるごとに
少しずつ薄れつつあるように思う。


----


地震直後の、わが家の門柱です。
地震により大谷石の石積が跳ね上がり落下、
恐ろしい姿です。


東日本大震災
震災被害
大谷石5段積の門柱、


すべての石塀は、こんな姿で倒壊し
当時の爪痕が石塀の土台部分に残っている。


石塀の土台部分
震災被害
地震により生じた亀裂


あの時から10年経っても
この石塀だけは、まだ手つかず。



烏山線撮影地



只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 17:40| Comment(0) | ■鴻野山駅の風景から | 更新情報をチェックする

2021年01月02日

富士山の眺め

富士山
【富士山】  仁井田→鴻野山駅


年末年始になると都心の空気が澄みわたり
沿線から約180km先の富士山を仰ぐことができる。
この時季だけ出現するので、なおさら神々しく見えます。

そこで富士山の眺望により今年一年の開運を占う。
富士山が見えたら「吉」、だめなら「凶」という具合、
1月1日の夕方5時、毎年恒例のゲン担ぎです。


撮影'21/01/01 16:50
富士山
台新田展望台より


元日の夕暮れは、ほぼ雲なしの快晴、
さらに冬型の気圧配置が強まり気温は3℃
富士山がお出ましになる絶好のコンディションとなる。

日没時刻を過ぎると遥か彼方の地平線上に
富士山のシルエットがクッキリと浮かび上がった。
しかも裾野までハッキリと。


富士山


年のはじめの開運占いは文句なしの大吉でした。
お正月限定のスペシャルな、からせん沿線風景に出会う。


-----


そして
わが家のお正月飾りは富士山の縁起もの、
床の間に版画絵を飾って年のはじまりを祝う。


お正月飾り
富士山 切り絵「富士と梅」
富士山 作家「久保 修」


元日から富士山を仰げたので縁起の良い年になりそう、
今年も沿線の祭りや四季の移ろいなどブログで発信します。



烏山線撮影地(列車位置)



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 00:00| Comment(0) | ■鴻野山駅の風景から | 更新情報をチェックする

2020年09月10日

稲刈りのシーズン

稲刈り
【稲刈りのシーズン】  鴻野山→大金駅


米どころの沿線では稲刈りの真っ只中です。
すでに8月末から早場米「コシヒカリ」の収穫が始まっています。
そこで稲刈り中の知人に今年のコメの作柄状況を問うと


撮影日'20/09/06
稲刈り


ちょっと渋そうな顔をして
「採れねぇよりはマシだんべー」との回答、
豊作よりは少ないけれど平年並みの良好!と見た。


撮影日'20/09/05
稲刈り
午前中の雨で稲刈りを一時中断


豊作の時は、満面の笑顔を含みながら
いつもの決まり文句の「まぁまぁだんべー」と
控えめながら上手な表現をしてくれるのだけれどもね。



烏山線撮影地



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 00:00| Comment(0) | ■鴻野山駅の風景から | 更新情報をチェックする

2020年09月05日

稲刈り

稲刈り
【稲刈り】  鴻野山→大金駅


過去最強クラスの超大型台風が
九州西部〜奄美諸島に大接近している。

大型台風の余波かも知れないが、
関東地方は不安定な天気が続いている。


撮影日'20/09/03
稲刈り


農家の知人によると
台風通過により大雨が降って
育てたコメが台なしにならないよう
台風の通過前に稲刈りを決行するという。


稲刈り


しかし稲刈りは、お天道様しだい。
雨が降れば中止、延期になるそうです。



烏山線撮影地



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 00:00| Comment(0) | ■鴻野山駅の風景から | 更新情報をチェックする
EV-E301EV-E301

▲TopPage
EV-E301