2019年10月06日

ひがんばな2

ひがんばな
【木陰の彼岸花】    


毎年、お彼岸(秋分の日)の中日になると
その名のとおりヒガンバナが咲き揃うのですが
今年の開花は遅れて10月になってから見ごろをむかえる。


撮影'19/09/21
ひがんばな
小塙→滝駅、木陰から先にチラホラ咲き出す


ヒガンバナを定点撮影をしていると
木陰のある涼しい場所から早めに咲きだし
陽射しのさす暑い場所は遅れて咲くような気がします。


撮影'19/10/02
ひがんばな
猿久保田んぼ公園


とくに今年の開花は全国的にどこも遅れているらしく
私の勝手な想像ですが今年の夏は半月ほど長かったのだと思う。


------


秋晴れの朝、
そうだダムへ行こう!


撮影'19/09/30
黒部ダム
黒部ダム


と思い立ち、
ダムマニアの聖地「黒部ダム」へ
日帰りの弾丸ドライブ旅をしてきました。


GPS記録
黒部ダム
ルート(北関東→東北→北関東→関越→上信越→長野自動車道)


目指す場所は長野県大町市扇沢
高速道路を乗り継ぎ安曇野ICで下車し
黒部ダムの入口にあたる扇沢駅まで片道330kmの道のり
沿線の宝積寺駅からは車で所要4〜5時間です。


扇沢駅
黒部ダム
黒部ダムの入口


扇沢駅からは今春新登場の電気バスに乗り換えて
映画「黒部の太陽」で有名な全長6kmの関電トンネルをぬけると
わずか16分で黒部ダムの右岸サイトに到着します。
山奥ながら容易に行けるところが魅力です。


電気バス
黒部ダム
難工事の破砕帯を通過中


ダム展望台から見上げると標高3千m級の
立山連峰や北アルプスの雄大な大パノラマが広がる。


立山連峰
黒部ダム
黒部ダム
中腹では紅葉がはじまる


人跡未踏の、断崖絶壁の、秘境の中で
目も眩むような巨大なダムがあり、その威容な大きさに圧倒されますよ。
60年以上も前に、これを作り上げた人間の英知と努力に感心するばかりです。


観光放流
黒部ダム
黒部ダム
黒部ダム
ハウエル・バンガーバルブ


いつものように人気の本場ダムカレーを食べて
日本一の巨大構造物から漲るパワーをもち帰りました。


黒部ダム


帰りは、どこへも寄らず、とんぼ帰り
走行距離は往復660qの弾丸ドライブ旅でした。



烏山線撮影地



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 11:57| Comment(0) | ■小塙駅の風景から | 更新情報をチェックする

2019年08月25日

なつぞら

なつぞら
【なつぞら】  小塙→滝駅


8月も残すところ、あとわずか!

小学生のころ、
夏休みの後半になると宿題が終わらず
最終日まで四苦八苦したのを覚えています。


撮影'19/08/24
なつぞら


めんどうな図画の宿題は写真のようなイメージで
小学校ちかくの築堤を走る烏山線の風景を描きました。

構図のポイントは上半分を夏空で染めあげ
当時のキハ10は国鉄色のアクセントカラーでした。


小塙→滝駅
なつぞら


今の時代は便利なアプリを使って
思い出の写真をポチるだけで変換できる。


ACCUM
なつぞら
写真→絵に変換


夏休みの宿題に苦労している少年たちへ、
一瞬で絵になる、ずる賢いアドバイスでした。
でも先生に叱られても知らないよ。


----


今年の夏は晴れる日が少なくて
夏空をバックにした風景が撮れません。
この日も午前中から入道雲が、わき上がり
昼ごろには雷雲が垂れ込み豪雨となりました。



烏山線撮影地



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 16:35| Comment(0) | ■小塙駅の風景から | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

ヤブカンゾウ

ヤブカンゾウ
【ヤブカンゾウ】


夏休みに入っても梅雨が明けず
あいにくの曇天続きで気分が晴れません。

晴れの日が少ないので
宇都宮市の日照時間を調べてみると
7/1から20日間の日照合計値は12時間ほど、
日平均は1時間以下で、これでは洗濯物も乾きません。


撮影'19/07/20
ヤブカンゾウ
滝→小塙駅 


写真はヤブカンゾウ
梅雨が末期のころに咲きはじめ
オレンジ色の花が、ひときわ目立つ。


ヤブカンゾウ


梅雨明けが待ち遠しい。



烏山線撮影地



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。




----
posted by 旅からす at 15:21| Comment(0) | ■小塙駅の風景から | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

雪景色

雪景色
【雪景色】  滝→小塙駅


どれくらい雪が積もりますか?と、
特に関西方面の人から良く質問されます。

こんな雪景色をアップするものなら
沿線は雪国と誤解されてしまうのかも知れません。


撮影'19/02/10
雪景色
吹き溜まり


沿線は内陸型の気候なので最低気温は氷点下、
朝晩は、けっこう冷えるけれど雪はめったに降りません。


”雪景色"


積雪は年に1〜2度あるかどうか。
雪が融けないうちに、いざ出陣Go!!


-----


さて取材中にひろってきた二匹の子猫たち
ひろわれて来たときは手のひらに乗る大きさでした。


ソラとマメ
ソラマメ
ソラマメ
この記事の「猿久保たんぼ公園」に捨てられていました。


首に鈴をつけている方がマメちゃん。
生まれつき聴覚障害をもち耳が聞こえません。
もう一方のソラちゃんがフォローしてくれるので大丈夫です。


ブルー・アイ
ソラマメ
ソラマメ
ピュア・ホワイト、色素がないことから家中のどの白よりも白い


二匹とも遺伝的なブルー・アイの白猫で
ピュアな白毛とピンクの肌、透きとおる青目をもち
吸い込まれてしまいそうな神秘的な姿を見せてくれます。


ソラ、甘えんぼう
ソラマメ
ソラマメ
マメ、おっとり、先天性の聴覚障害あり


二匹の猫たちと暮らす生活がはじまり
もしかすると人間を親猫だと思っています。


クリクリの目
ソラマメ


家に帰ると、すり寄ってきたり、
嬉しくて、おしりをプリプリしたり
まとわりついてスキンシップを求めてきます。


トースターの上でおねだり
ソラマメ
おいしいものちょうだい!


猫たちのストレートな愛情表現にメロメロ
まさにセラピー猫ちゃんです。


美猫さん
ソラマメ


自然界の白猫は病気がちで短命らしいのですが
大事に家飼いし責任を持って育てあげたいと思います。


おさんぽ
ソラマメ
ソラマメ
なかよし


そらまめの成長記録はインスタグラム「白猫ブルーアイのそらまめ」へ
生後10日前後から、 白猫を拾ったら綺麗な美猫に育ちました。
https://www.instagram.com/aome.shironeko/




烏山線撮影地


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 17:23| Comment(2) | ■小塙駅の風景から | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

きのこの山

彼岸花
【森田地区】  滝→小塙駅


誰でも馴染みのあるチョコスナック
明治製菓の「きのこの山」というお菓子、

どこか?親しみのあるネーミングで
販売から43年もたった今でも人気の商品です。


撮影'18/09/19
彼岸花


二人の娘たちも大好きなお菓子のひとつで
きのこの山 と たけのこの里 を1個ずつ買ってあげて
私は、それぞれ半分ずつ、つまみ食いさせてもらいました(笑)


小塙→滝駅
彼岸花


長年の間、どちらが美味しいのか?
きのこ派vsたけのこ派の国民総選挙をしたり

さらなるファン層を拡大するため
ビターな大人味やフレーバー味に進化させています。


----


涼しくなり秋雨前線が通過するころ
沿線の山の中は本ものの「きのこ」だらけ、


彼岸花

彼岸花

彼岸花 タマゴタケ


派手な色にも関わらず、
バツグンに美味しいキノコです。



烏山線撮影地



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 18:05| Comment(2) | ■小塙駅の風景から | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

秋分の日

彼岸花
【ひがんばな】  滝→小塙駅


今日は「秋分の日」、ご先祖様を尊び
お墓まいりをして、亡き人をしのぶ日です。

そこで数世代前の先祖名をたどってみると
わが家の意外なファミリー・ヒストリーがわかった。


撮影'18/09/19
彼岸花


かつて新聞記事の特集「栃木の名字」に掲載され
自分の姓は北陸地方の出身であろう、と謎解きされていた。

その記事を受け、親類らが追跡調査をしたところ
富山県砺波市あたりに姓名に由来する物証を見つけた。


彼岸花


そして長女娘と我が家のルーツさがし旅へ
ご先祖様が住んでいたという場所に行ってみよう。


砺波平野
彼岸花


このあたりから、はるばる栃木へやってきたらしい。
そこは砺波平野に数千もの屋敷林が点在する絶景だった。


----


<編集後記>
トップの写真は沿線で一番の山深いところ
鬱蒼とした森の中から列車が顔を出すシーンです。



烏山線撮影地



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 07:48| Comment(0) | ■小塙駅の風景から | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

ひがんばな

彼岸花
【猿久保田んぼ公園】  滝→小塙駅


昔の人は良く言いあてますね。
暑さ寒さも彼岸まで、、という言葉どおりで

あれほど暑かった夏も、どこへやら
今日は朝から肌寒くて11月上旬の気温という。
(本日の最高気温18.6℃、宇都宮気象台)


撮影'18/09/19
彼岸花


子供のころ、母親から「彼岸花は摘むな」と云われ
家に持ち帰ると火事になる、と子供心に信じていました。

その理由は彼岸花に毒があるからで
毒花の正体を知ったのは大人になってからです。


【ハンノキ林】
コスモス
公園の管理者が彼岸花を植えたようです。


彼岸の入りに合わせたかのように
沿線各地では彼岸花が満開を迎えています。



烏山線撮影地



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 18:32| Comment(0) | ■小塙駅の風景から | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

ヤブカンゾウ

ヤブカンゾウ
【秘境駅】  小塙駅構内より


小塙駅は沿線で一番の秘境駅
俗にいう秘境の度合いは少ないけれど

国道や県道、バス路線なんて並走せず
周辺にはお店も皆無で清涼飲料水の自販機すらなし。
(森田宿のところに1か所あるのみ)


撮影'18/07/09
ヤブカンゾウ
大金→小塙駅


小塙駅の1日の平均乗車客数は、
たったの11人(県統計年鑑2011年)しかおらず
その、ほとんどがお年寄りか大金駅に通う小学生です。


撮影'18/07/10
ヤブカンゾウ
小塙→滝駅


駅前には「公衆電話ボックス」が設置してあり
もし携帯電話を忘れたり、電池がきれても大丈夫です
でも水だけは絶対に忘れないでね。



烏山線撮影地



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 12:58| Comment(0) | ■小塙駅の風景から | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

ホタル狩り

ホタル
【ハンノキ林】  滝→小塙駅


この時季、沿線の田んぼや水辺に行くと
自然に発生した天然のホタルを観察できます。

そこでホタルが飛びそうな夜をねらって
夏の風物詩である「ホタル狩り」をしてきました。


撮影'18/06/22
ホタル
猿久保たんぼ公園


まずは薄暗くなるのを待ち
草むらの中で光るホタルを見つける


19時45分ごろ、草むらで光る
ホタル


あたりが真っ暗になると飛行開始
最初は単独だが、そのうち数匹の群れとなる。

光の軌跡が交差したり、急降下したり
幻想的な光景に、しばし見とれてしまいました。


20時00分ごろ、単独飛行をはじめる
ホタル


沿線各駅から行けるホタルの鑑賞スポットを次に要約します。
仁井田駅の伏久、鴻野山駅の宇井、大金駅の曲畑、小塙駅の森田あたり

いずれの地域も6月中旬の最盛期になると
1視野あたり概ね10匹程度のホタルを観察できます。


20時15分ごろ、乱舞
ホタル


私が幼少の頃は、そこらじゅうにホタルがいましたが
のちに農薬の空中散布がありホタルの数が激減してしまった。
さらに圃場整備により人工河川となり生息環境を失ったように思います。


ホタル


ホタルは環境のバロメーターと云われています。
沿線にはホタルが舞う清らかな場所が少しだけ残っています。
こうした自然をいつまでも大切にしたいものですね。


----
撮影後記

一枚目は猿久保たんぼ公園のハンノキ林です。
この写真にホタルの飛行軌跡を合成しようと試みました。

しかし2時間以上も、ねばって一匹も飛来せず
ホ、ホ、ホタル来い、こっちの水は甘いぞ!と何度もつぶやきました。



烏山線撮影地



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 13:05| Comment(0) | ■小塙駅の風景から | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

夏至

夏至
【夏至の日】   小塙駅構内


きょうは 夏至 です。
写真は小塙駅発18:56のからせん↑

この時季は昼の時間がもっとも長いため午後7時になっても明るい。
なので宵の口までアクティブに沿線風景の取材ができる。
なんだか得した気分です。


撮影’18/06/21
夏至
夏至
滝→小塙駅


次の列車時刻 19:57 が来るまで待つこと1時間、
カメラのセンサを通すと、まだ天空の色が蒼いんだよね。



烏山線撮影地



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 23:04| Comment(0) | ■小塙駅の風景から | 更新情報をチェックする
EV-E301EV-E301

▲TopPage
EV-E301