2023年01月28日

龍門の滝、氷瀑か?

龍門の滝
【龍門の滝、凍りつく】  滝駅から徒歩5分


気象庁から事前予告!!!
日本列島の上空には近年で最も強いレベルの寒気が南下し
日本海側では大雪による災害の発生に最大限の警戒が必要です。
という最強寒波襲来の注意喚起あり。


撮影 2023/01/26
龍門の滝
龍門の滝
滝壺が凍りつく


日本列島に最強寒波が襲来した
1/26の早朝06:00、まだ暗闇の龍門の滝へ
那須烏山市の気温は‐11.4℃の今季最低を記録し
これなら滝が全面氷瀑しているに違いない?
と期待しつつ滝駅方面へ向かう。


氷瀑の様子
龍門の滝
主流の様子↑
龍門の滝
主流以外は全凍結↑
龍門の滝
つらら↑
龍門の滝
氷玉↑、氷の芸術


しかし
江川の主流は氷瀑せず
主流以外は全面結氷していました。
全体を見回すと9割氷瀑の見立てかな?
まるで氷の芸術作品のようで
自然が作る造形美を堪能できました。


ランディング
龍門の滝
龍門の滝
龍門の滝
氷上に着地するイメージで撮影


午前8:00すぎ
太陽の光が射しはじめると
少しずつ氷が解けだし昼頃には、いつもの姿へ

滝の氷瀑は
氷柱(つらら)が数日間かけて成長し
昼間も氷点下になるような気象条件が必要です。
もしかすると今夜も期待できるかも。


------


というわけで
ここからは番外編の旅カメラです。

この取材後に氷瀑を求めて
茨城県大子町にある「袋田の滝」へ
龍門の滝からは車で約1時間ほどの道のりです。


観瀑トンネル
袋田の滝
対岸の観瀑台へ


袋田の滝は、落差120m・幅73mの大滝で
巨大岩盤の岩肌をすべるようにして落水します。
華厳の滝、那智の滝とならび日本三名瀑のひとつです。


第1観瀑台
袋田の滝
袋田の滝
眼下は滝壺


袋田の滝の見どころは
四季折々に滝の表情が変化し
いつ行っても楽しめるところです。

水量が多い春夏は豪快な男滝のよう
水量の少ない秋は優美な白糸の滝のよう
氷結してしまう冬は幻想的な滝に見えます。


第3観瀑台からの眺め
袋田の滝
夏は豪快な流れ↑

袋田の滝
秋は白糸のような流れ↑

袋田の滝
冬は銀世界↑


観瀑台から直下の滝壺を眺めたり
観瀑台から直上の落水を見上げたり、
エレベータに乗り高所から見下ろしたり、

いろいろな角度から迫力満点の
滝の勇姿を堪能することができます。


袋田の滝
袋田の滝
袋田の滝
袋田の滝
滝壺付近の様子


冬季限定の氷瀑は絶景です。
めったに出合えない幻想的な風景を
是非、ご覧あれ!!!


所在地:茨城県久慈郡大子町
入場料:一般300円、子供150円 ※時間外は無料(おすすめ)
駐車場:300円〜500円 ※町営駐車場は無料(おすすめ)
営業時間:9時〜17時(11月〜4月)
アクセス:水郡線袋田駅下車、徒歩30分 ※バスの便数少ない 



烏山線撮影地


posted by 旅からす at 11:00| Comment(0) | ■滝駅の風景から | 更新情報をチェックする

2022年11月28日

龍門の滝、鑑賞のツボ

滝の鑑賞法
【龍門の滝】  烏山→滝駅  滝駅から徒歩5分 


こちらは沿線の見どころ、
おなじみの名瀑「龍門の滝」です。
紅葉の時季は観光客がひっきりなし。

今回は龍門の滝、鑑賞のツボを伝授します。
鑑賞のポイントは五感をフルに活用することです。


滝鑑賞のツボ
滝の鑑賞法
両手で虹を持ち上げ滝のパワーを受け止める


<滝の鑑賞法> 改訂版2
はじめは滝全体を眺めて岩盤の造形美を鑑賞しましよう。
(巨大なジオ岩盤から滝の成り立ちを想像します)

滝つぼの近くまで行き落下する水の流れを鑑賞しましょう。
(落ちる水玉を追って動体視力を活性化させます)

目を閉じ、耳を澄まして豪快な轟音のリズムを感じましょう。
(落水音どどどど〜ん、のド音の数が多いほど豪快です)

滝行者の気持ちになりマイナスイオンをたっぷり浴びましょう。
(滝つぼ直下は、びしょ濡れになります。あしからず)

最後は、もろ手をあげて滝のパワーを分けてもらいましょう。
(写真のようなポーズで受け止めます、虹が出たら2倍増しです)

もし鑑賞中に列車が通過したら、あなたは幸運の持ち主です。
(昼間の運転間隔は2時間なので待つとくたびれます)



滝水公園
滝の鑑賞法
滝の鑑賞法
日によって、水量によって、色々なバリエーションの滝を楽しめる


あれこれ感性をフルに駆使して滝を鑑賞すると
なんだか心が癒されて気分がリラックスしますよ。
くたびれない程度に、お試しあれ!



撮影場所



posted by 旅からす at 00:00| Comment(0) | ■滝駅の風景から | 更新情報をチェックする

2022年11月19日

蛇姫橋の紅葉

蛇姫橋の紅葉
【蛇姫橋の紅葉】 滝駅から徒歩5分 


写真は「蛇姫橋」の紅葉、
今年もキレイに色づきました。


蛇姫橋
蛇姫橋の紅葉
紅葉ピーク


蛇姫橋は中世ヨーロッパを思わせる
アーチ形状のレトロ・モダンなデザインで
中央部にはバルコニーの付いたオシャレな橋です。


蛇姫橋の全景
蛇姫橋の紅葉
蛇姫橋の紅葉
蛇姫橋の紅葉
レトロ・モダンなデザイン


下から見上げれば、ご覧のとおり
赤色の艶やかなモミジが天空を覆いつくし
まるで夢のかけ橋のよう!心がワクワクします。


撮影 2022/11/14
蛇姫橋の紅葉
蛇姫橋中央のバルコニーから


それにしても
蛇姫橋というネーミング、
センスがあるようでないような?


蛇姫伝説
蛇姫橋の紅葉
物語の粋なモチーフ


橋をわたると大蛇が出てきそう!
ちょっと不気味でこわい名前ですよね。


撮影場所(蛇姫橋)



posted by 旅からす at 20:28| Comment(0) | ■滝駅の風景から | 更新情報をチェックする

2022年11月14日

太平寺の紅葉★

太平寺の紅葉
【太平寺の紅葉】 滝駅から徒歩5分 


列車なしの風景です。
写真は太平寺門前のモミジ
春はカタクリ、秋は紅葉が美しい。

この太平寺は 蛇姫伝説 ゆかりの地として
また烏山藩主の菩提寺として由緒ある古刹です。


撮影 2022/11/14
太平寺の紅葉
二女娘と紅葉狩り


まんが日本昔ばなし
作品名「白蛇と姫」より

■■■ 白蛇伝説あらすじ ■■■
むかし、むかし烏山のお城にそれは美しい姫様がいて、いつも傍には侍女が仕えていました。
ある時、家老がクーデターをおこし姫様の暗殺を企てたが失敗し、身代わりに侍女が殺されてしまう。
それからというもの姫様がピンチになるたび、侍女の化身である白蛇があらわれて姫様を守った。
という忠義な、おはなし。


太平寺の紅葉


境内には姫様こと「於志賀姫」の墓地が残っており
霧の朝に門前の階段のところで待つと白蛇が出て来るそうな!!
早朝に、お参りすれば、ご利益あるかもね。


撮影場所(太平寺)



posted by 旅からす at 11:29| Comment(0) | ■滝駅の風景から | 更新情報をチェックする

2022年07月14日

列車と、滝と、アンブレラと

アンブレラスカイ
【アンブレラスカイ】  龍門ふるさと民芸館内より撮影


梅雨が明けて本格的な夏の陽射し!
龍門ふるさと民芸館の滝カフェ・テラス席には
半透明のビニール傘が、ご覧のとおり吊るされています。

じつにオシャレで見た目も涼やか、
龍門の滝を見ながら、ゆっくりと寛げます。


撮影 2022/07/10
アンブレラスカイ
テラス席のアンブレラスカイ


晴れた日は傘なんてささないから
知らなかったけれど下から見上げると↑ほら
傘色に染まって色とりどりのアンブレラスカイへ


撮影 2022/07/22
アンブレラスカイ
アンブレラスカイ
涼し気な傘アート


風に吹かれるたび、ゆらゆらと揺れ動き
床に映る影を見ると傘アートが浮かび上がった。


撮影 2022/07/22
アンブレラスカイ
傘色リフレクション


この週末は3年ぶりに「山あげ祭り」が催されます。
新宿からは臨時特急列車「山あげ祭り号」が運行し
この臨時列車に合わせて烏山線にも快速列車が走ります。
臨時列車に乗って沿線へ、ぜひお越しください。



烏山線撮影地



只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 00:00| Comment(0) | ■滝駅の風景から | 更新情報をチェックする

2022年06月06日

沿線のナイヤガラ

龍門の滝
【龍門の滝】  烏山→滝駅


こちらは沿線の名瀑「龍門の滝」です。

いつもは穏やかな滝ですが
前日の大雨により水かさが増し
この日は、まるでナイヤガラの滝のよう?
ひさしぶりに豪快な滝の流れを見ました。


撮影 2022/06/10
龍門の滝
水飛沫を浴びながら


滝壺付近から
派手に水しぶきが舞い上がり
近づくものなら着衣は、びしょ濡れ!!!

カメラのズームレンズが濡れないよう
水しぶきを払いながらシャッターを切りました。


龍門ふるさと民芸館
あじさい
テラス席から滝の全景を俯瞰できる


こんな時は無理をせず、
龍門ふるさと民芸館の滝カフェでひと休み
テラス席から観瀑するのがいちばん。



烏山線撮影地



只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 00:00| Comment(0) | ■滝駅の風景から | 更新情報をチェックする

2022年04月18日

龍門の滝&桜

龍門の滝のサクラ
【龍門の滝&桜】  烏山→滝駅


沿線のサクラめぐり6、
こちらは龍門の滝&桜です。

大滝+鉄道=のコラボ風景を見れるのは
日本中どこをさがしても龍門の滝だけです。


撮影 2022/04/11
龍門の滝
龍門の滝
龍門の滝
滝水辺公園


しかし昼間の運行本数は少なくて
わずかに2時間に1本しか走りません。
なので油断していると見逃すこともあり。


龍門カフェ
龍門の滝
龍門の滝
特等席で列車を待つ


死ぬまでに一度は見たい絶景!!!
とまでは言いませんが一度は見る価値あり。


-----


ここからは番外編の旅カメラです。
桜の季節にちなんで日本三大桜のひとつ
福島県三春町の「三春滝桜」を取材してきました。


撮影 2022/04/12
三春滝桜
三春滝桜・全景


三春滝桜は、今から百年も昔に
国の天然記念物に指定された紅枝垂桜です。
その推定樹齢は千年越えとも、


正面方向(南)から
三春滝桜
三春滝桜

左方向(西)から
三春滝桜
三春滝桜

右方向(東)から
三春滝桜
三春滝桜

裏方向(北)から
三春滝桜
三春滝桜


薄ピンク色の小さな花を枝いっぱいに咲かせ、
滝のように垂れ下がることから滝桜というそうです。
近寄って眺めると滝桜を支える幹の太さに感動しました。


バックの丘陵地
三春滝桜
三春滝桜
丘の上の桜も満開でした


はじめて見る三春滝桜の姿は、
想像以上に大きくてキレイでした。
一生に一度は見ておきたいサクラです。


【アクセス】
東北自動車道郡山JCTから磐越自動車道へ入り船引三春IC下車
国道288号線を<滝桜>の看板矢印に沿って車で10分ほど
なお烏山沿線・宝積寺駅からは車で約1時間半の道のりです。



烏山線撮影地



只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 00:00| Comment(0) | ■滝駅の風景から | 更新情報をチェックする

2021年11月25日

「蛇姫橋」の紅葉

蛇姫橋
【蛇姫橋】  滝駅から徒歩5分 


こちらは列車なしの風景です。
写真は龍門の滝の入り口のところ
モミジのきれいな 蛇姫橋 の風景です。


撮影 2021/11/15
蛇姫橋
近代的なアーチ橋


モダンな橋梁の蛇姫橋は
橋の中央にはバルコニーがあって
オシャレなデザインになっています。


蛇姫橋


橋を下から見上げるようにして眺めると
景観に配慮した優れた構造であることがわかります。


蛇姫橋から烏山線の眺め
蛇姫橋
蛇姫橋


しばしアートな蛇姫橋にひとめ惚れ!
モミジ映えの蛇姫橋に見とれてしまいました。



烏山線撮影地(今回は列車なしの風景です)




只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 18:01| Comment(0) | ■滝駅の風景から | 更新情報をチェックする

2021年11月23日

「太平寺」の紅葉★

太平寺門前
【太平寺】  滝駅から徒歩5分 


列車なしの風景です。
写真は太平寺門前のモミジ、

こちらの太平寺は 蛇姫伝説 ゆかりの地として
かつての人気TV番組「まんが日本昔ばなし」に登場した
由緒ある古いお寺なのです。
(作品名・白蛇と姫)


撮影 2021/11/13
太平寺門前


■■■ 白蛇伝説あらすじ ■■■
むかし、むかし烏山に美しい姫様がいて、いつも傍には侍女が仕えていました。
ある時、家老がクーデターをおこし姫様を暗殺しようと企てたが身代わりに侍女が殺されてしまう。
それからというもの姫様がピンチになるたびに侍女化身の白蛇があらわれて姫様を守った。
という忠義な、おはなし。


太平寺門前


太平寺の境内には
姫様こと「於志賀姫」の墓地があり
まんが日本昔ばなしのストリーによると
霧の朝に門前で待つと白蛇が合いに来るそうな!



烏山線撮影地(今回は列車なしの風景です)




只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 19:36| Comment(0) | ■滝駅の風景から | 更新情報をチェックする

2021年08月09日

龍門カフェから滝の絶景を楽しむ

龍門カフェ
【龍門カフェのテラス席】  滝駅下車徒歩5分 


猛暑の夏は涼を求めて「龍門の滝」へ
滝の水飛沫を浴びると気分転換ができるのです。


龍門カフェのテラス席から烏山線の眺め
龍門カフェ
滝とからせん、滝→烏山駅   


ところが前日の大雨により江川が増水し
あたりには轟音が鳴り響き怖くて近づけません。
そんな時は観光施設の「龍門ふるさと民芸館」へ


龍門の滝
龍門カフェ
全身びしょ濡れの観光客


この春、リニューアルした同館内には
オシャレな「龍門カフェ」がオープンし
カフェ自慢のコーヒーやベーグルを味わいながら
滝の絶景を椅子に座って観瀑することができるのです。


龍門カフェ
龍門カフェ
龍門カフェ
龍門カフェ
ドリンク以外にも限定ランチメニューあり


またテラス席からは写真のとおり
滝の上を走る烏山線の通過も見えることから
映える動画がSNSへアップされています。


龍門ふるさと民芸館内の休憩スペース
龍門カフェ
龍門カフェ
龍門カフェ
龍門カフェ
FREEの無線LANと電源コンセントも完備されてワ―ケーションも可能です


これから龍門の滝は烏山沿線の人気の観光拠点として
多くの人に親しまれるようなエリアになって欲しいものです。


■龍門カフェ
住所:那須烏山市滝414、龍門ふるさと民芸館内
営業時間:10:00〜15:00
定休日:火曜日、年末年始
注意:緊急事態宣言のため9月12日(日)まで休館です



烏山線撮影地



只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

続きを読む
posted by 旅からす at 16:59| Comment(0) | ■滝駅の風景から | 更新情報をチェックする
EV-E301EV-E301

▲TopPage
EV-E301