2020年12月09日

カムバック・サーモン★

ススキ
【カムバック・サーモン】  那珂川・落石付近 


サケの遡上を観察しに那珂川・境橋へ
先月に続いて一匹の魚影すら見あたらず、

数年前に那珂川で生まれたサケたち、
どうして故郷の川へ戻って来れないのだろう?
いったいどこへ行ってしまったのだろう?


撮影'20/12/05
カムバックサーモン
カムバックサーモン


やはり他の川でも
利根大堰(水資源機構・利根導水総合事務所)のサケ遡上データ調査によると、
利根川の遡上も過去最低数に激減しているようです。


カムバックサーモン


もしかすると海水温の影響により
遡上北限が変化したのかも知れません。

昨年に引き続いて
カムバック・サーモン!!!



烏山線撮影地(今回は列車なしの風景です)



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 00:00| Comment(0) | ■烏山駅の風景から | 更新情報をチェックする

2020年11月23日

滝の紅葉

龍門の滝
【太平寺の紅葉】  滝駅から徒歩5分 烏山→滝駅


世の中は「我慢の3連休」のはず、
お出かけを自粛してステイホームしよう!
という日本医師会やコロナ対策分科会会長の呼びかけ、


撮影'20/11/23
龍門の滝
龍門の滝


にもかかわらず
龍門の滝の様子は、ご覧のとおり
我慢のできない大勢の観光客でひっきりなし
皆さんマイナスイオンを浴びてリラックスしていました。


滝の上に列車あり
龍門の滝
龍門の滝
滝→烏山駅


そういう私も
モミジ狩りを満喫したくて
我慢できなかった三連休でした。
(反省)


----


こちらは「龍門の滝」のモミジです。
ちょうど紅葉のピークを迎えています!


龍門の滝
龍門の滝
龍門の滝



烏山線撮影地


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 00:00| Comment(0) | ■烏山駅の風景から | 更新情報をチェックする

2020年11月21日

落石の紅葉★

燃える秋
【落石の紅葉】  烏山駅下車・レンタサイクル15分


こちらは那珂川屈指の景勝地、
紅葉の名所である「烏山の落石」です。

写真の「山・川・橋」の織り成す風景は
京都の嵐山に例えられるほどの美しさという。


撮影'20/11/16
燃える秋

燃える秋

燃える秋

燃える秋
落石の山河が輝きはじめる


その関連付けは、
嵐山→烏山、桂川→那珂川、渡月橋→境橋の関係らしい。
大自然のスケールは京都・嵐山にも決して負けないほどです。

さらに清流・那珂川の流れは
関東の四万十川(高知県)と比喩されるほど、
なにせ鮎の漁獲量は日本一の豊かさを誇ります。


撮影'20/11/15
燃える秋

燃える秋


時刻は16時15分、
対岸の山河に夕日が射して

まるで「燃える秋」のような、
ドラマチックな風景に出会えます。



烏山線撮影地


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 00:49| Comment(0) | ■烏山駅の風景から | 更新情報をチェックする

2020年11月02日

泉渓寺の紅葉★

泉渓寺
【泉渓寺の紅葉】  烏山駅から徒歩5分


写真は那須烏山市・泉渓寺の大イチョウです。
イチョウが色づきはじめた時季に撮影してきました。

沿線のイチョウの中で最も早く黄葉し
てっぺんの葉から、さっさと落葉してしまう。
たぶん来週ごろには丸裸の木立となるでしょう。


撮影'20/11/03
泉渓寺
ちょうど落葉がはじまる


イチョウの木が丸裸になるころ
これからが本番でモミジの出番となり
境内はモミジづくしの赤一色の彩に変わります。


泉渓寺

泉渓寺

泉渓寺


参道入口のモミジから徐々に色づき出し
奥の階段に向かって紅葉が進行していきます。
全山紅葉まで、もう少し待ちましょう。


泉渓寺

泉渓寺


沿線の紅葉めぐりなら
@那珂川の落石、A龍門の滝、B泉渓寺
あたりが一押し、合わせてご覧あれ!



烏山線撮影地


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 00:00| Comment(0) | ■烏山駅の風景から | 更新情報をチェックする

2020年07月27日

ネムノキ

ねむの木
【ネムノキ】  滝→烏山駅


今年は長梅雨のせいでしょうか?
ネムノキの開花が半月ほど遅れ気味です。

梅雨の終わり、陽射しが回復するころ
美しい淡いピンク色の一日花を咲かせます。


撮影'20/07/24
ねむの木
夕方から咲き始め朝にはしぼんでしまう一日花


その花姿は奇抜なかたちで
まるで化粧刷毛を逆さまにしたよう
近寄ると桃のような甘い香りがします。


「龍門の滝」駐車場にて
ねむの木
ねむの木
夜になると葉っぱを合わせて閉じてしまう不思議な植物です。


ネムノキの花が咲き出したので
もうじき梅雨明けが近いですね。



烏山線撮影地


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 00:00| Comment(0) | ■烏山駅の風景から | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

震災から9年

加賀梅
【ふみきり】  滝→烏山駅


東日本大震災3.11から9年目を迎えました。
あの日、沿線では震度6強の巨大地震に襲われて
高根沢町では家屋の全半壊数が724棟もの被害を受けました。
その多くは、すでに再建や修繕が完了しています。


加賀梅


わが家も、そのひとつで、のちに再建を果たし
当時は、どん底から這い上がる気持ちを味わいました。


加賀梅


あれから9年の時がすぎて
平穏無事な日常を取りもどすと
過去の辛い出来事は忘れつつあります。



烏山線撮影地



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 17:56| Comment(0) | ■烏山駅の風景から | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

泉渓寺の紅葉★

泉渓寺
【泉渓寺】  烏山駅から徒歩5分


紅葉前線は沿線の里山へも、
泉渓寺・山門のイチョウは黄葉みごろ、
例年よりも約1〜2週間ほど遅れています。
こんなに落葉の遅い年は、あまり記憶にないな〜。


撮影'19/11/16
泉渓寺
泉渓寺


参道の両脇はモミジの天蓋のよう
奥の階段に向かって徐々に色づきが進行し
来週ぐらいまでは見ごろが続きそうです。


泉渓寺
泉渓寺


沿線の紅葉めぐりなら
@那珂川の落石、A龍門の滝、B泉渓寺
が一押し、合わせてご覧あれ!



烏山線撮影地


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 14:19| Comment(0) | ■烏山駅の風景から | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

カムバック・サーモン★

那珂川
【那珂川】 下流側から境橋を望む


毎年、秋になると那珂川にはサケが産卵のために遡上してきます。
しかし今年は台風19号の大雨によりサケの遡上が大幅に遅れています。

那珂川の「サケ資源有効利用調査」という漁協主催のサケ釣り大会(11/1)の結果は
なんと過去に前例のないほどの不漁、初日はゼロ、翌日は1匹の釣果しかなかったそうです。
(下野新聞Soonニュース)


撮影'19/11/09
那珂川
上流側から境橋を望む


那須烏山市の境橋で遡上の様子を観察したら
遡上の最盛期にもかかわらず一匹の魚影すら見あたらず、

もしかすると母川回帰をあきらめたのかも知れません。
いずれにせよ遡上の少ない年になりそうです。


紅葉の景勝地
那珂川
落石(おちいし)は関東の嵐山とも


カムバック・サーモン!!!



烏山線撮影地(今回は列車なしの風景です)



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 18:22| Comment(2) | ■烏山駅の風景から | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

那珂川の氾濫★

台風襲来
【那珂川の氾濫】  川の流れが直角に変わるところ、濁流が押し寄せる
 

写真↑は那須烏山市の境橋から撮影した那珂川、
台風19号の大雨により激流の暴れ川へと変貌する。

上流からは、ものすごい勢いで濁流が押し寄せて
ピーク時は橋直下のギリギリまで水位上昇したそうです。


撮影'19/10/13
台風襲来
境橋の下流側、渦を巻く激流


市公開の「土砂災害ハザードマップ」によると
境橋周辺は那珂川が氾濫しやすい危険エリアになっている。
今回の台風では右岸堤防からの越水が発生したもよう。
川そばの家屋では床上まで浸水したそうです。


境橋直下
台風襲来
台風襲来


 ←↑痕跡あり

 橋げたの直下
 ケーブルのラックのところまで
 河川水位が上昇している。




台風が接近した午後9時ころから携帯のエリアメールが頻発し
安全な場所に避難せよ!、と自治体から警戒レベル5が発令される。
さらに「江川で氾濫中」との緊急情報が入るや、もう恐くてパニック寸前、
もはや警戒レベル5、それ以上の6の事態ではないか、と


緊急速報
台風襲来
台風襲来
携帯のエリアメール


10月12日に上陸した台風19号の大雨により
沿線の那須烏山市を流れる那珂川では計11ヵ所で氾濫、
支流の江川や荒川でも越水し家屋205棟に浸水被害をもたらす。
市内の下境・向田地区の低地では深さ3mもの大水が押し寄せたという。
(10/17 下野新聞)


撮影'19/10/13
台風襲来
台風襲来 計画運休のお知らせ


烏山線は台風襲来に備えて
当日は昼すぎから運転を取りやめ
翌日は安全確認のため終日計画運休でした。
ガンバレ、からせん!


-----


栃木県佐野市の秋山川では家屋の浸水など
堤防決壊により広域の大規模水害が発生しました。
写真↓は秋山川左岸の堤防です。


撮影'19/10/14 12時ごろ
佐野水害
佐野水害
堤防上に流木


災害発生の翌々日、職場の要請を受けて救援のボランティア作業へ
住宅地内へ大水が押し寄せて床上浸水し堆積した土砂の排除をしてきました。


土砂堆積の状況
佐野水害
佐野市大橋町付近


一刻も早く日常を取り戻して欲しいものです。
あらためて台風被害の恐ろしさを痛感しました。



烏山線撮影地(今回は列車なしの風景です)



<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 21:14| Comment(2) | ■烏山駅の風景から | 更新情報をチェックする

2019年09月23日

マルバルコウ

マルバルコウ
【丸葉縷紅草】  烏山駅構内


この時季はオレンジ色の可憐な花をつける
名前は「マルバルコウソウ(丸葉縷紅草)」という。


撮影'19/09/21
マルバルコウ
列車が種子を拾って拡散しているのかも


なんて可愛い花なんだろう!と見惚れてしまうが
環境省の指定侵入植物で駆除すべき警戒種となっている。


マルバルコウ
マルバルコウ


北関東の烏山沿線では爆発的に増殖して
すでに遅し、そこらじゅうがマルバルコウだらけ


駅構内のフェンス
マルバルコウ
とうとう終着駅の烏山駅まで進撃されてしまった!


もともと日本に育つ人や動植物のすべては
元をたどれば大陸から移住してきた外国産ですから
そのうちマルバルコウも自然と馴染んでくるに違いない。
(丸葉縷紅草)



烏山線撮影地




<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 15:52| Comment(0) | ■烏山駅の風景から | 更新情報をチェックする
EV-E301EV-E301

▲TopPage
EV-E301