2020年01月12日

築堤の風景

築堤
【築堤の盛土】  下野花岡→宝積寺駅


写真は宝積寺段丘へつながる築堤の風景です。
築堤の上を列車が通るたび長大な盛土のことが気になり
いったい、どこから土を運んできたのだろう?
とモヤモヤした気持ちになってしまう。


撮影'20/01/12
築堤
長大な築堤


そこで土木構造物に詳しい友人に見解を求めると
通常の土木設計では切土部分と盛土部分の体積を近づけ
切土を盛土として利用すれば最少のコストで施工できるそうです。
とすれば、思い当たる節は


宝積寺段丘上
築堤
切土部分、V字に切り通して線路を敷設


もしかすると、
切土部分=宝積寺段丘上の切通(上の写真)
盛土部分=宝積寺段丘下の築堤(下の写真)
それぞれの体積がピッタリ合うかも知れない。


宝積寺段丘下
築堤
築堤
盛土部分


ようするに宝積寺段丘の切り通しを平坦地にして
その残土を築堤の盛土として有効活用したということ。


宝積寺段丘の接点
築堤
ここから段丘の切り通しにつながる


(結論)
大正時代(開業1923年)、烏山線に線路を敷設するため
わが家の庭先を削り取り、その余った土を築堤の盛土としたに違いない。


-----


写真のような土木構造物の名称を
土木用語では盛土(もりど・もりつち)、
鉄道用語では築堤(ちくてい)というそうです。
同様にダムは堤体、河川は堤防など呼び方もいろいろ。



烏山線撮影地(列車位置)


<からせん縁起駅舎の旅>
HOME | 宝積寺 | 下野花岡 | 仁井田 | 鴻野山 | 大金 | 小塙 | | 烏山
....へ行ってみる


只今編集中です....
写真、コメント文など内容を追加します。

posted by 旅からす at 14:24| Comment(0) | ■宝積寺駅の風景から | 更新情報をチェックする
EV-E301EV-E301

▲TopPage
EV-E301